2010年 04月 30日 ( 2 )   

DSC-TX7   

 東芝製のメモリーカードを使っていた時は、相性が悪いせいか、しょっちゅう、「メモリーカードを入れ直してください」の警告が出た。

 それで、ソニー製のメモリーカードを購入して、それを使うことにした。

 すると、もうそんな警告文は出なくなった。

 やはり、メモリーカードは、製造会社によって微妙に違うものらしい。

 本来、メモリーカードであれば、同じように使えるようにしておくべきなのであるが。

 
 DSC-TX7のバッテリーの電気が減ってきたので、バッテリーチャージャーを入れている袋から

 取り出した。すると間違えてパナソニックのチャージャーを出してしまい、それとも気がつかずに

 バッテリーを差し込んでコンセントに接続した。いつもなら付くはずのランプがつかない。

 どうしたのだろうと、コンセントを代えて付けてみたりした。漸く、チャージャーがルミックス用の

 ものだとわかる。それでソニー製を取り出し、バッテリーを挿入しコンセントに接続、今度は

 ちゃんとランプがともる。この場合も似たようなことが起きたということである。

 次からは、ちゃんと確かめて使うようにしよう。でも微妙に同じだから間違えてしまうかもしれない。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-04-30 23:59 | よしなし

里芋作付け   

 午後、畑に向かった。昨日の続きのようなもので、里芋の種芋を作付けする。

 天気も曇空に変わっていた。午前中は、けっこういい天気だったのだけれど。

 里芋の作り方をネットで検索。いくつか参考になりそうなものをコピー・ペースとして

 まとめる。それぞれいろんなことを言っている。土を掘りこむ深さとか種芋の間隔の長さとか、

 後は、自分で判断するより他ない。

 種芋の数が多くて、畝は2条になった。

 種芋の間隔は、50㎝にする。

 最初、20㎝ほど掘り起こし、そこへ配合飼料と化成肥料をまく。少し土を被し、その上にに

 種芋を先の間隔でおき、さらに土を被せる。

 今回は、マルチをさらに被せた。マルチするのは、久しぶりである。仙台は、最低気温がまだ

 低く、そのためとさらに雑草をはやさせないためである。

 まわりを土で覆い、しっかりと地面に固定させた。

 これで、根菜類の作付けは終了。

 後、インゲン豆の種まきが残っている。種はすでに買ってある。

 幅150センチの畝の土起こしをする。堆肥は既に蒔いてあるから土と混ぜ合わせた。

 種まきは、連休後かそれとも明日か。

 これが終われば、今の所農作業はほぼ目途がついたことになる。


 夕刻、ジムに行く。水泳をやった。平泳ぎ500m。もうすでに6時過ぎなのに子どもの水泳教室をやっていた。小さい頃からちゃんと指導を受ければ、かなり身につくだろう。

 後は、入浴、サウナ(6分)で終了。帰宅。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-04-30 23:47 |