サイクルモード(Cyclemode)   

 サイクルモードから帰ってきた。
 昨日は、あいにくの雨空であった。

 早朝に出かけたので会場で1時間近く開場を待った。随分の人が来ていた。主に男性である。

 最初に試乗したのは、スペシャライズドのMTB,S-Works Epicであった。やはりいいですね。今のところ、これが狙い目である。しかし、値段が90万円とこれをどう考えるかである。


 LOOKの車にも乗ることができた。ここも結構、待たされた。

 場所の感覚がつかめず、当該のブースから自転車を借りて試乗を始めるのであるが、戻るとき、そのブースの場所がわかなくなっている。それを探すのに一苦労で、試乗を待っている人に随分迷惑をかけてしまった。

 スペシャライズドやLOOKなどでは、荷物を試乗中預かってくれたのであるが、BMCではその配慮が無く、「置いておいても責任がもてない」とすげない。それでMTBを借りたとき、ビニール袋に入れたパンフレット類を片手に持って走らざるをえなかった。試乗コースは、混み気味である。先を走っている車が渋滞し、停車状態になったとき、私もブレーキをかかえた。しかし、右手あは使えるけれど、袋を持った左手が使えず、右手だけでブレーキをかけ、そのため前輪が停車し、後輪のそのままということで後輪側からかぶさってきた。ハンドルに付けてあったライトが地面にぶつかりつぶれてしまった。しかも電池も飛び出しその一つはゆがんでいた。いかに衝撃が強かったかを物語っていた。取れたライトの前の部分と乾電池を拾い集めて、ブースまで持ち帰った。私の身体の方は、左手の小指に少し擦り傷と、右足の膝にも小さな擦り傷、さらにかかとのくるぶしの前の部分に少し痛みがあった。最初、大事にならないか心配したけれど、結果は、何も無く終わったようである。
 BMCでも、この車は札止めにすると言っていた。でも後味の悪いことになってしまった。

 その後、またスペシャライズドの車を中心にMTBとROADをそれぞれ試乗を楽しんだ。
 ここのブースは、比較的短時間で交替ができた。


 ピナレロなどは、1時間待ちの掲示が出ていた。私は、参加しなかったが。

 いろいろ乗ったけれど、ロードについては、私が今、使っているLOOK555とそれほど大きな違いを見いだせなかった。

 MTBは、その内、手に入れたいと考えて居るけれど、走る場所があるかどうかが問題である。


 会場は、幕張メッセであったが、この周辺のレストランや飲食店の数が需要にあっていないことを痛感した。どこも大勢の客が並んで待っている。大都会で食のありつけないとは。妊婦さんが大病院をたらい回しされるのと似た感じがする。何かが足りない。中途半端なのだ。余裕がない。

 昨年は、天気も良く、しかも1枚の入場券で3日間楽しめた。それが今年から1日だけで毎回券を購入しなければならないそうである。

 何回も訪ねると、もうそれほどの魅力も感じなくなってきた。もう一泊もせずに日帰りでもいいくらいだと思うようになっている。

 その分、走った方がいいようだ。今度は、そうしよう。
[PR]

by yosinasi06 | 2008-11-09 13:39 | 自転車

<< エキサイティングエアロ サイクルモード >>