ツーリング   

 今日は、念願のツーリングに出かけた。連休3日目である。
 天気予報では、終日晴天と出ていた。
 計画をしたものの、なぜか昨晩はなかなか眠ることができず、夜中の2時過ぎまでかかった。どうにもならないので、何かお腹に入れて漸く眠りにつくことができた。
 寝る前に何かを入れることは、健康に良くないだろうと思ってはいてもしょうがない。

 そんな訳で朝もゆっくりすることにした。でも習慣もあって一応、6時前には目が覚め、それから朝食を食べ、また寝床に入ると眠りについた。たいがい、いつもは4時半くらいに目が覚め、それから朝刊を読み、また眠りにつく。

 今日は、しかたがないので、ゆっくり出かけることにした。

 なにやかや準備していると、9時過ぎになってしまった。

 出発地のサイクリング・センターの駐車場に車を停める。途中、車の中で天気予報を聞いた。今日はとても暑くなると言っていた。サイクリング・ウエアの春・夏用も持ってきていた。


 最初、予報のこともあって、春・夏用を着てみた。膝まで露出する短めのパンツ。快晴ではあるが、寒い風が吹く。寒さも感じる。これでは、途中、持つまいと思い、冬用に着直す。上は、半袖でその上にサイクリング用のパーカーを着ることにした。

 出発は、11時になってしまった。風もそれほど強くない。

 海岸沿いの自動車道を南に向かう。それほど車は走っていない。平日だと幹線道路からはみ出してきたトラックなどが走っているものであるが、祝日でそれも少ない。

 気持ち良い走りである。時速、20㎞代である。昨日、同じコースを走ったというベテラン組は、時速33㎞でほとんど休み無しでとのことであった。この平均は、私にとっては最速の速度である。まあ、自分の力に応じて走る。しかも帰りの余力も残しておかなければならない。

d0100254_19283349.jpg

 1時間近く走ったところで、大判焼きを2個買う。少しお腹に入れておこうかと。
大きな1級河川の両脇に設けられている自転車専用道路を走る。途中、東屋も設置されている。最初の東屋で休憩。大判焼きと水を摂る。人はそれほど見かけないけれど、時々釣り人を見る。
 
 河を遡上する感じでこの専用道路を走る。時々乗用車の進入を防ぐ柵があり、そこを通過するとき、速度調整を迫られる。ほとんど人に遭うことはなかった。この河にかかる大橋を渡り、反対側の専用道路を今度は逆方向に河下に来る。
 ここは、景色が遠望できなかなか気持ちが良い。

 先ほどの所から橋を渡った所に戻ってきた感じで、自動車道に戻りさらに進む。ここは、郊外の田園で人もほとんど見かけない。歩道を独占する形でひたすら走る。

 時々、それほど多くは無いけれど、自転車乗りの出会う。

 最初の休憩からほぼ1時間で、コンビニで休憩。抹茶アイスを食べる。
 少し、首のあたりが張った感じで痛みがある。アイスを食べ食べ休息を取る。


 さらに進む。このコースは、何回か走っているコースである。仲間と走る時は、気を遣ってしまうけれど、一人だとそれが無い分気楽である。


d0100254_19294067.jpg

 さらに1時間ほどで小さな港・浜に着く。すると海岸に座礁している貨物船が見えた。見物に来ている人も結構いる。船名は「Jane」とあった。鉄製の比較的大きな船で甲板くらまで海水の下である。見守る様に、二隻の白い巡視船が停泊していた。いつからなのか、もう随分になっているような気がする。仕事とはいえ、大変だと思ったりする。カメラ付きケータイで何枚かこの船や巡視船やらを撮る。液晶画面がはっきり見えないので当てずっぽうである。この点は、もっと性能のいいカメラ付きケータイが欲しい。

 2時くらいになっていたので、先に進むことを止め、引き返すことにした。

 今回の目的の一つは、今が旬の「ホッキ飯」を食べることである。それで帰りは、途中、食べさせる食堂のある所へと向かう。元来た道ではなく、目的地を目指して気ままに路を選んで走っていった。この方が幹線道路の車に煩わずにすむ。

 いつもの食堂へ、もう昼時の混む時間帯ではないので、何人かが食べているに過ぎなかった。4時までだそうである。ホッキ飯定食、1300円。これに刺身や茶碗蒸しなどが付くと1800円にもなる。値段設定は、少し高めな気がする。

 こうした食べ物は、美味いに越したことはないけれど、旬を食べることに意味がある。自分への区切りみたいなものである。ホッキ貝は、茹でると身の一分がピンクぽくなる。さっそく食べる。まあまあである。

 食べ終われば後は、帰るだけである。少し疲れも出ている。

 余りスピードも出ない。とにかく出発地まで自力で帰り着かねばならない。
 だから、スタミナの配分は大切である。

 もちろん、輪行することもできる。特にこのコースは、本数は少ないものの列車で帰ることもできる。しかしあの駐車場に戻るという訳にはいかない。

 足の腿はぱんぱんである。途中、緑化公園で休息を取る。少し芝生に横になる。

 ジムで鍛えているとはいえ、使う筋肉が違うようである。今も腿が少し筋肉痛気味である。最近になって珍しいことである。

 何とか出発点のサイクリング・センターに到着。4時25分くらいか。

 本日の走行距離:94.7㎞
 平均速度:23㎞/h

残念ながら100㎞には達しなかった。これでへばっているようでは、センチュリーライドは、まだまだである。160㎞である。

 私の知人は、来る佐渡200㎞に挑戦するそうである。その練習を先日実施、200㎞は余裕だそうである。私には夢みたいな話しである。


 今日のジム:祝日の特別プログラムでしたが、ツーリングのため、参加せず。

 これからいい日が続くと、外に出たくなる。ジムに参加するのは夕刻以降ではあるが。

 

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-04-30 20:26 | 自転車

<< 連休中日 ヒップホップ >>