「かつや」   

 先日、テレビでとんかつやカツ丼のチェーン店「かつや」を紹介していた。
 天丼のチェーン店を参考に、カツ丼で挑戦した店だという。

 その社長も店員の中からその才覚を認められた若い人がなっていた。
 
 とんかつに使う肉も冷凍ではなく生の肉をオーストラリアから取り寄せて使っているとか。

 大概のとんかつチェーン店が冷凍を使っているのがほとんどだと聞いているのにである。

 仙台にもあるかと駅前のそれらしい店を先日、探して行ってみたことがあった。その店は、

 名前も違っていた。ただ安い価格で吉野屋の牛丼のように商いをしていた。

 それで、いつか「かつや」という店に行ってみたいと思っていた。

 東京では池袋駅の近くに所用の関係でホテルを取った。池袋駅西口を出たところに
その「かつや」があった。試しに入ってみた。ちょうど夕刻ということもあって混み合っていた。でもすぐ席はとれた。

 ひれかつ定食を注文した。値段は690円くらいか。値段に比して満足のいけるレベルであった。

 この店では期間限定で「マグロのかつ」を出している。隣のお客が食べていた。

 これも物は試しと、時間をおいてまた行ってみた。「まぐろかつ丼」を注文した。

 これは、私には、あまりうまいとは思えなかった。魚臭さが気になった。私の個人的な好みかもしれないけれど。

 B級、かC級のグルメがどっちかというと好きである。

 とんかつは好きで、東京では御徒町にある店で2900円のヒレカツを食べたこともある。

 仙台には、なぜかこの街を代表するような店が無い。最近、余所からやってきた店は、何店かあるけれど。肉の銘柄を唱ったかつである。

 とんかつは、やはりヒレカツと言ってもカロリーが高いから、最近は以前ほど進んで食べる無いようになってきてはいる。しかし、おいしそうな店ともなると気にはなる。

 もう、「かつや」は、わかったからもう一度とは当分は考えることは無いだろう。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-05-31 22:41 | 飲食店

<< 明日は6月 夢の続き >>