タグ:自炊 ( 11 ) タグの人気記事   

くり返し   

 どうもくり返しが苦手のようである。

 何か一つのことをやると決めて、しばらくはやっているのであるが

 途中で飽きてしまう。これが極端に短いと「三日坊主」と

 言われている。それほどでは無いけれど。その気があるようだ。

 自炊も一日最低、3冊と決めてはみたものの、ノルマ化すると

 とたんに行動が鈍り出す。

 今朝は、意を決して自炊に取り組んだ。新書、5冊。

 キヤノンのスキャナー、カラー版で300dpiでやっている。

 時間がかかる。

 FUJITSUのスキャナーは、早いのだけれど時々、読み取りがひっくり返っていたり

 不規則なことが起こる。後でのチェックが必要。

 それぞれ癖みたいなものがあって、それを見分けて使う必要がある。

 気持ちの問題は、あるけれど、自炊はできるだけ続けていこう。

 読むというよりは、本を片付ける一つの儀式みたいなものになっている。

 そうすると片付ける気持ちのハードルが低くなる。

 長年馴染んできた「本を大切に」という気持ちの呪縛から少し開放される。



 今日は、いい天気。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2011-02-25 08:34 | よしなし

自炊   

  しばらく在宅していなかったので、自炊ができなかった。それはそれでいい。

  今日は、少し久しぶりに自炊に勤しんだという感じであった。

  新書を主として6冊くらいやっただろうか。

  何冊かやってもまた新刊を3冊くらい買ったので、自分の蔵書の有形物を減らす

  ことにはならないかもしれない。

  書店に行くと、新たに買いたい本がいくらでも出てくる。
 
  ここ最近は、ソーシャルメディアについての本が何冊か出ていて求めることになった。

  立入勝義『ソーシャルメディア革命』ディスカヴァー携書

  福多利夫『スマートフォン戦争』マイコミ新書

  濱野智史・佐々木博他『日本的ソーシャルメディアの未来』技術評論社

  などである。

  今、ソーシャルメディアをキーワードにしてこれにかかわる問題に関心を持っている。

  Twitterでもそれを主にツイートに聞き耳を立てている。

  今、動いている問題なりテーマである。

  自炊の話から別の話に入り込んでしまった。これらの本を一度、読んでそれから

  自炊したいと思っている。

  自炊に話を戻すと、ドキュメントスキャナー、富士通製の1500 を求めてきた。

  1300は持っていたのであるが、これは、別のところで、1500で少し時間の

  短縮につなげたいと思っている。

  まだ荷ほどきはしていないけれど。

  明日の仕事になる。

  
 
[PR]

by yosinasi06 | 2011-02-04 23:18 | よしなし

自炊(続き)   

  このところ、毎日、自炊をしている。

  主に、雑誌類と新書がほとんどである。

  また新書より少し厚い本もやっている。この場合には、最初、厚さを半分にする

  必要があり、それが少し面倒である。カッターで真ん中を切り込み半分にする。

  接着剤が残らないように少し糊面から少し間を空けて裁断するようにしている。

  以前、糊がスキャナーにくっついて筋が付いたことがあった。

  今は、キヤノンと富士通の二種類のスキャナーを使い分けている。

  富士通の方は、カラー版の雑誌に当てている。

  それぞれ癖があって、その癖が少しずつわかってきた。

  ScanSnapは、まあ満足なデキであるが、一部、横向きになってスキャンされる時が

  ある。それで確かめてみないといけない。

  いずれも、欲張って一度にたくさん積み重ねると、重層をしていしまうときがある。

  辛抱強く、やっていく必要がある。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-27 22:16 | よしなし

自炊その後   

 昨日、iPadで電子本を読んでいて落ちる問題について、アップルストアに相談に
 
 行ってきた。担当者は、自炊についてはそれほど知らないようではあったが、

 基本的に私が取り込んだデータが大きすぎるということに見解は落ち着いた。

 iPad自体の能力もあるけれど、閲覧に使っているアプリの問題も大きいようだ。

 使っているアプリは、定番の「i文庫HD」である。

 このアプリの名前にもあるように、基本的に文庫などに適しているということだ。

 だから雑誌などカラーバージョンのものを400dpiでスキャンしたものを

 読むには、無理があるようだ。

 基本的に、どの位だったらいいのか、試行錯誤をくり返して探っていく他無い。

 今の段階では、新書などは、カラーで300dpiでやっている。

 白黒でもいいのであるが、表紙をカラーで見たいのでカラーにしている。

 表紙と本文を別々にスキャンする方法もあるけれど、マック用のソフトは

 対応するものが少ないのでまだやっていない。

 キャノンのImageFomula DR-2510Cは、基本的にウインドウズがメインなので

 そちら向けのソフトは、揃っており、PDFファイルを結合することができる。

 さらに高機能の機種は、ウインドウズのみの対応である。

 幸い、DR-2510Cは、マックにも対応している。

 今のところ、先ほどの解像度でやっていくことにする。

 iPadで見ることができるかを確かめながら。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-09 17:17 | iPhone4&iPad

閲覧の問題   

 自炊した電子書籍、iPadで閲覧している。

 しかし、なぜか途中で落ちてしまう。

 データは、ちゃんと入っているのに読んでいる画面が消えてしまう。

 アプリの画面に戻ってしまうのである。

 これは、どうしたことか。

 カラーで400dpiでスキャンしているからファイルが大きすぎるのか。

 画面がカラーだからカラーの方が、当然、いいと考えているのであるが。

 昨日から自炊したものに、この問題が生じている。

 どこに原因があるのか。誰に尋ねればわかるのか。

 アップルのケアに聞けばいいのか。

 アプリに問題があるのか。

 使っているアプリは、i文庫HDである。

 GoodReaderにしてみるか。

 現状では、まだまだ問題が続きそうである。

 今のままでは、使い物にならない。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-07 23:51 | iPhone4&iPad

今年も自炊   

 旅の車中でもiPadで自炊した電子本を読んだ。

 今回は、1冊の雑誌しかカバンに詰め込んでいなかった。

 後は、自炊した電子本だけである。

 雑誌は、特にそうであるが、文庫でも新書でもカラーでドキュメントスキャナーを

 使って読み込んでいる。白黒やグレースケールもあるが、文中に写真があるとカラーの

 方がいいことと、表紙がカラーなのでiPadの書籍の棚に並べた時、視認しやすいから

 である。

 読み取り精度は、300dpiか400dpiである。

 少し時間がかかるが、読むときに文字の視認性や拡大もスムーズになることが

 いいと考えている。

 まだ試行錯誤の段階であるが、自炊を続けていきたい。

 また、雑誌の大判よりも文庫や新書の方が、iPadで読むとき文字が大きくなって

 読みやすくなる。だから当面は、文庫や新書でやっていこうと考えている。

 ソニーのリーダーを昨晩、ヨドバシカメラで見てみた。白黒が主である。

 まだそれほどいいとは、思えない。

 シャープのガラパゴスは、どうであろうか。

 これらのデバイス間の利用しやすさの比較も今後やっていきたい。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-04 11:31 | Macな生活

自炊雑感   

 自炊というのは、本のコピーである。

 それは、まぎれもない事実である。

 複写機の性能が上がったので実物に近いものを作りだしてくれる。

 しかし、デジタルでは無いから、完全な複製という訳にはいかない。

 自炊したものをiPadで読んでいると本のコピーを読んでいる感じになる。

 まだ私には、本という物体の方がいいように思われる。

 したがって、自炊した後の本の残骸もまだ捨てられないでいる。

 またカラーとかグレースケールとか白黒とかまた解像度の度合いで

 どれが一番いいのか決めかねているところがある。

 まだ試行錯誤の段階である。

 どれがいいのか決められない。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-12-27 23:42 | よしなし

クリスマスパーティ   

 今日は、クリスマス。

 天気は、崩れがち。午後は、小雪が舞いだした。

 昼過ぎまで青空が見えていたのに。

 明日は、雪が降るそうである。

 まだ冬用のタイヤに交換していない。

 明日は、どうだろうか。

 キヤノンのドキュメント・スキャナーで自炊をしている。

 重送がほとんどない。

 本の活字や絵などの使い方で黒白、グレー、カラーなどと使い分ける

 必要がある。その判断が難しいものもある。

 一緒くたになったものである。

 大判の雑誌などより新書や文庫などの小さなサイズの方が、

 iPadで読むにはいい。文字が大きくなるから。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-12-24 23:10 | よしなし

スキャナー   

  自炊にはまりだしている。

  今のところ、雑誌を中心に電子書籍化を進めている。

  スキャナーは、ScanSnap1300である。

  今度は、新書の類を自炊したくなった。

  それでもっと本格的にと考えて、スキャナーを新たに求めることにした。

  キヤノンのスキャナーである。DR-2510Cである。アマゾンで注文した。

  こちらの方が文書のスキャンには秀でているという評判である。

  アクロバット9が付属する。

  明後日には、届くということだからその時は、さっそく新書の自炊をやってみよう。

参考文献:
   皆神龍太郎(2010)『iPadでつくる「究極の電子書斎」蔵書はすべてデジタル化しなさい!』

     講談社
  
[PR]

by yosinasi06 | 2010-12-21 22:30 | よしなし

自炊   

 いわゆる「自炊」とやらをやってみたくなった。

 今日は、その関係の本を読んでますますその思いが募った。

 戸田覚『電子ブック自炊 完全マニュアル』東洋経済新報社

 である。

 本の電子書籍化について懇切丁寧に解説している。

 この種の本は、以前も読んだことがある。

 皆神龍太郎『iPadでつくる「究極の電子書斎」蔵書はすべてデジタル化しなさい』講談社

 である。

 この本を読んだ時には、その大変さに尻込みしてしまった。

 そんな手間暇かけている時間があるだろうか。

 電子書籍のデバイスである、iPadで読書が本当にできるかなとも思ったりした。

 本は、溜まる一方である。まず捨てることが無い。入ってくるだけである。

 断捨理にも心が向かったけれど、なかなかそこまで行けない。

 最近、ScanSnap1300を手にした。これでちょっとした書類などをデジタル化してみた。

 なかなか便利である。これをもっと本格的にやってみたくなった。

 断裁機も定評のあるコクヨのものを求めたいと思っている自分がいる。

 またデジタルスキャナーも1500に気が動いている。

 まずは、二冊買いしてしまった新書や本から始めてみたいと考えている。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-12-14 23:37 | よしなし