<   2007年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧   

大晦日   

白川郷に行って来た。雪が積もり白銀の世界であった。雪深い所であることがわかった。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-31 19:48

のんびり   

 北陸路でのんびりと年末を過ごしている。

 歯痛も昨日、歯医者で処置してもらい、薬も服用しているのでしごく快調である。

 外の天候は、あれ模様。風も結構、強い。室内にいる分には、それほど気にならない。

 午後は、レンタルビデオを見て過ごす。

 「ブラインドサイト 小さな登山者たち」を新作で借りてきた。

 ネパールの盲目の子どもたち6人をエベレストの隣の7000mの山に登らせるというプロジェクトのドキュメントである。頂上までは達しなかったものの、後140mくらいまで達した。たいしたものである。やはり高山病が障害になっていた。

 私も、今年の3月にヒマラヤの山に登る予定であった。残念ながら事情があって果たせなかった。そのときは、5000mを超える山までが目標であった。だからこの映画の試みがさらにハードルの高いものであったことが理解できる。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-30 19:11 | よしなし

曇り空   

1日中、曇り空であった。朝方、昨晩の歯痛で歯医者行く。治療中でこんな事態は、本当に困る。なんとかなるだろうか。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-29 22:32

美術館   

 21世紀美術館に行ってきた。現代美術の美術館である。

 以前から訪ねたと思っていた美術館である。

 入場券は、リンクパスを利用すると、1000円のところ800円に割り引きされた。
 リンクパスとは、東京の森美術館と香川県の地中美術館の三館をそれぞれ割引で参館できる制度である。しかも全部を訪ねると記念品までもらえるようになっている。

 現代美術は、とかくとっつきにくいけれど、何人かで一緒に回ったので、もちろん作品自体の魅力もあってなかなかおもしろく見えて回ることができた。

 粟津潔の特別展が開催されていた。グラフィックアートの作家である。

 阿部定を取り上げた作品もあった。


 現代芸術は、それぞれ意表をつく作品が多かった。美の先入主をときに覆させるものがある。

 この美術館で昼ごはんを食べた。メインディッシュは、牛肉のステーキを選び、他にバイキングでいろいろな料理が食べられるようになっていた。バイキングは、私にとって剣呑である。というのも、つい食べ過ぎてしまう。今回も、2回お代わりしてしまった。

 料理のレベルと結構、いいと思った。

 後で、写真も載せようと思う。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-28 22:13 | よしなし

北陸路   

 金沢に来ている。今、海の見えるところにいる。まだ曇り空である。
 正月には、大雪になるという。

 今日は、夕方まで天気は持ちそうである。

 21世紀美術館に行ってみる予定にしている。今年は、今日まで開館だとか。

 前々から訪ねたいと思っていた。単なる見せるだけでなく、体感させる工夫のある美術館だとか。

 金沢の街は、歴史の遺産をうまく活かしている街である。

 日本海側は、天気予報ではいつも雨が降っている感じだけれど、いざこちらに来て見るとそれほどではない。

 金沢市の隣の町に来ているせいもあって、しごくのんびりした感じである。

 旅の写真もいずれ。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-28 09:12 | よしなし

  

d0100254_22312029.jpg

信州を経て金沢に来ている。今の時期、雪はほとんど無い。しかし正月頃には、雪になりそうである。しばらく北陸の旅を楽しむつもりである。

この写真は、長野県の塩尻駅から中央西線で名古屋に向かう車窓から写した穂高岳である。白く雪が積もっている。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-27 22:31

  

d0100254_18482682.jpg

旅に出た。国内の旅である。仕事納め前だから列車もそれほど混んでいない。東京に寄る。東京は、刺激に富み好きな街だ。本屋でも地方都市では難しい本を見つけた。ネットでは追いつかないところがある。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-26 18:48

自転車本   

 これを「自転車本」と言っていいかわからない。
 自転車に関する本、そのものずばりである。

 今日、本屋に行った。新書コーナーを見て回るのは、いつもの儀式である。
 新たに興味を引いた本は、買うというのもいつもの通り。

 そこで見つけたのが、自転車本であった。

 しかも二冊もである。

 河村健吉(2007)『自転車入門 晴れた日はスポーツバイクに乗って』中公新書

 斎藤純(2007)『ペダリスト宣言! 40歳からの自転車快楽主義』NHK出版、生活人新書

 河村さんの本は、定年を迎えてから自転車に乗り始めた人の話である。斎藤さんは、副題にあるように40歳から始めた人で、地方都市盛岡市在住の人でもある。

 自転車関係の本は、目に付く範囲で手に入れるようにしている。疋田智さんの最新本も手に入れていた。

 それぞれ読んでいて、まだ自分の守備範囲にスポットはまる本にはであっていない。

 それで、何か役立つことが載っているのではないかと、一応目を通してみることにしている。

 今度の二冊は、どうか。持っている自転車に対しては、わりと淡泊である。私に言わせればそれほど強い思い入れは無いようである。別の意味での、私とは異なる範囲のことかもしれない。

 自転車の雑誌も増えているようだし、こうして自転車についての普及的な本も出てきているし、それはある変化の象徴になっているのかもしれない。

 
 
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-25 20:37 | よしなし

今年最後のジム   

 早いもので、このジムに入会して1年がたった。最初は、リハビリを兼ねてのことであった。
 当初メニューにより筋トレのマシンが中心であった。
 それをただ黙々とやっていた。

 やがてエアロビックスのクラスに入っていることが多くなり、その後さまざまなクラスに参加するようになった。

 時には、二つのクラスを掛け持ちでやることもあった。

 今は、一日一つのクラスである。週の毎日は、できるだけさまざまなクラスに入ってやるようにしている。

 ジムでの人間関係は、ほとんど進展無しである。

 いつも顔を合わせる人同士でも、お互いに距離を取っている。その方が気が楽なせいもある。その人の性格もあるだろう。


 昨年のクリスマスには、参加した記憶はない。多分、参加しなかった。
 その時には、まだクラスに参加していなかったから。

 今日は、クリスマスの特別イベントとして、90分のエアロと仮装してのエアロ教室があった。結構、物好きな人たちがいて楽しんでいた。

 私は、「らくらくウォーク」の初歩のエアロ教室に参加した。

 初歩と言っても結構、きつかった。最近感じるのであるが、このジムでは初歩のクラスがどうも無いような感じがある。それは私のレベルがその程度だということかもしれないけれど。

 考えてみれば、このジムに随分な時間を割いてきた。夕方以降は、全てジムであった。

 サウナなどで人の体形を見ていると、ほとんどの人はぶよぶよである。いったい何しにきているのかと思えるほど、サウナや風呂に入り浸っている。運動をしているのか疑問である。人それぞれだからまあいいとして。


 ジム通いは、自分の健康管理にはいいと思う。いつも決まって血圧や体重、体脂肪率などを計って、記録している。

 今の課題は、体脂肪率をいかに減らすかである。なぜか低くならない。
 体重も少し減ったけれど、それ以上がむずかしい。

 この状態をともかく維持していこう。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-24 20:19 | ジム

今年最後か   

 朝方、気持ちがすっきりしないので、ジムに行ってカラダを動かせばすっきりすると思い、出かけた。
 10時30からの初歩のエアロである。以前、参加したことのあるクラスである。その時はそれに続いて同じインストラクターがやるヨーガーのクラスにも参加していた。
 同じインストラクターだと思ったら、別の人であった。その人は、以前ラテンエアロを教えてもらった人であった。

 インストラクターもここ最近、結構人の入れ替えがあるようである。
 妊娠によることもあるだろうし、他にも何かいろいろな理由があるようである。

 今日のクラスは、気分転換であるから30分のエアロだけにするつもりである。
その後の、ヨーガーにはでないつもりであった。

 エアロのクラスの最後に、このインストラクターは、朝方は血圧が安定せず、運動は十分に注意してやる必要があると言っていた。この人自身も朝方は大変のようである。特に、一つやって少し休んでからやろうとするとカラダが動きにくいそうである。
 「わかるわかる」と思いながら聞いていた。

 午後の方が、カラダは動きそうである。夜などもいいのだろう。

 朝方の運動についてもう少し調べる必要がありそうである。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-12-23 18:11 | ジム