<   2007年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

春間近   

 今日は、春間近な日よりであった。
 朝、街中を散歩した。ほどよい温かさで風も強くない。

 メインロードを歩いていくと、益々数を増してきたチェーン店の喫茶店がここかしこで互いに競合している。結構、早朝から営業している。中には24時間という所もある。逆に次第に数を減らしてきた個人経営の喫茶店は、まだ開いている店は、少ない。もっとも、チェーン店はメインロードに構えているけれど、個人経営の店は少し脇に入った所や路地にある。昼間は結構通っている馴染みの店もある。

 この街では、チェーン店もさまざま進出してきている。一番、店舗の数が多いのは、ドートルである。散歩の途中、ここかしこに見える。その他にスターバック、プロントなどがある。

 EXCELSIOR CAFFEに入った。座り心地の良さそうな大きめの椅子がしつらえてある。それにつられたかもしれない。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-28 20:59 | よしなし

闘傷記   

 闘病記ならぬ闘傷記のブログかホームページを検索エンジンで時々探している。
 内果骨折についてのものである。意外と無いものである。
現在までに2,3、断片的に記録されたものが見つかっただけだ。
 それでも、よくちゃんと記録しているものだと感心してしまう。レントゲン写真まで掲載しているものもある。どうやって入手したのであろうか。

 ブログ立ち上げの切っ掛けになるものであるが、いざとなるとそれほどちゃんと書けるものではない。現実から逃げたいあるいは目を反らせたい気持ちもあるだろうし、なかなかうまく書けないこともある。

 見つけたものの一つは、武道中に骨折した40代の男性のブログ(『ほねおり物語』)で、6月初めの手術日から始まって最初は、時間の余裕もあってか長々と書いていて読み応えもある。それが2,3ヶ月すると間遠になり、最後は10月末、20分のジョギングを始めたで終わっている。どうされたのか、心配にもなる。5ヶ月近くだからそろそろファイナルに近づいている。できることなら、もう少し記録を続けて欲しかった。

 リハビリの開始時期や補助具の使い方など、やり方も多々違うところがある。それはそれで興味深い。
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-27 21:52 | よしなし

マッスルビート   

 ジムでプログラムに参加した。マッスルビートというプログラムである。
これは、人気があって参加希望者は整理券を事前に受け取る必要がある。
これは、前々から知ってはいたけれど、ハードかと思い、これまで取らないできた。
最近、筋トレもマンネリになりプログラムで気分を変えようかと思っていた。
 マッスルビートは、いくつかの道具を使う。それもあって人数が限定されるようだ。マットと台、ダンベルとそれを装着する鉄棒などである。
 8テンポ、4テンポ、3テンポと回数を分けてリフティングをする。ワンテンポではみんなで声を出す。「ハイ」となかなか大きな声が出ない。
 最初は、重たい重量から初めて次第に軽めにしていく。
 今回は、かなり軽めから始めたので腕への負担はそれほどでも無かった。
 初歩的なプログラムであったので、30分であった。余力があったので、下肢の筋トレもやった。
 ベンチからアームカールまでなかなか楽しくやることができた。
 
 食わず嫌いの気味があった。これからは努めてやってみよう。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-26 21:54 | ジム

最寒   

 朝、いやに寒いと思っていたら今朝の気温は、零下で今シーズンになって最も寒い日となったそうである。天気は、とても良かった。雲一つないような澄み切った空であった。
 里山の頂上がはっきりと遠望できる。
 里山に登ろうかと登山口まで行ってみた。雪が凍り付いていた。
 見ただけで帰ってきた。まだ足に不安があるからである。
 もう少し待ってみよう。
 登りに来ている人は、いなかった。駐車場は、空っぽであった。
 
 明日の朝も寒くなると天気予報では言っていた。氷点下3度だそうである。

 
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-25 20:49 | よしなし

晴れ寒   

 今日は、いい天気ではあった。しかし風が強く寒々とした感じであった。
 晴れ間に温かさが伴わないと何か変である。
 里山も雲がかかっていて雪が降っていそうであった。
 
 晴れ間だと自転車に乗りたくなるのであるが、この風ではとてもとても走れたものではない。明日も強風らしい。

 それで室内運動ということでジムに出かける。

 晴天はしばらく続きそうであるが、丁度いいようにはならないかもしれない。

 波が押し押せるように、ヒマラヤ行き中止の残念な気持ちがやってくる。
 これに慣れるには、まだまだ時間がかかりそうだ。
 今でも復活をイメージしたりする。
 自分は、何とも勝手である。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-24 20:01 | よしなし

続・整骨   

 今日は、整骨院へ行くのが3日目である。施術をしてもらってなかなかいいのである。右腕の痛みが軽減した。
 電気を当てたり、マッサージ、また別の機械。痛みのある腕の部分というより、首の部分に歪みあるらしい。確かに、右顎に問題がある。その筋肉が固まっているらしい。それを何とかほぐさないと。全てが繋がっているのである。
 症状が改善されればそれに越したことはない。整骨に行ったのは正解であった。
 しかし、まだ始まったばかりである。痛みが完全に無くなった訳ではない。
 夜中になって痛みが出てくる。まだまだである。
  
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-23 20:16 | 健康

中止   

 ヒマラヤ行きを中止にした。
 ドクター・ストップがかかったからである。 まだだめだそうである。「軽い運動」とか「ジョギング」とかならいいと。本格的な運動には、6ヶ月は必要だとか。
 
 まだ1ヶ月ほどあるのであるが。主治医の言葉を無視していいものであろうか。
 慎重な先生だという声も聞こえるけれど、やはりできないということになった。

 最終的決断を延ばし延ばしにしてきた。自分では、何とかなると思っていた。
根拠の無い楽天主義で来たけれど、結局、だめになってしまった。
 今日は、最後のミーティング。行ける連中がうらやましい。仕方がない。
 来年もまた開催する予定だとリーダーは、言ってくれた。
 ヒマラヤは逃げる訳ではない。今回は、やはりぶっつけ本番の感じは否めない。ジムで筋トレや有酸素運動などをやっているけれど、外山を歩いていない。これは、大きい。現実を前にして希望的観測だけでは、願望だけでは追いつかない。
 来年は、万全の体勢の臨むことにしよう。今回もそのつもりであったのではあるが。
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-22 22:16 | ヒマラヤ

整骨へ   

 まだ右腕の痛みが消えないので、整骨院の門をたたくことにした。
いつまでどうなるかどうかわからないのも何だと思って。
 最初に、電気や遠心力や何だか、何かの機械を使って患部に施術。
 それから先生が痛みの原因を探るために腕をあちこち回してみる。
どうもそれではなさそうである。挙げても引っ張ってもどこも痛みを感じない。
 腕ではなく、首周りとの関連性がありそうなことがわかってきた。そこを引っ張ると腕に痛みが走るからである。首の右後ろに簡易針を打ってもらった。
 夕方から夜分にかけてなぜか腕の痛みがより強くなる。
 この整骨院で何とかなればいいのであるが。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-21 22:59 | 健康

掛け流し温泉   

 比較的温泉に恵まれた所に住んでいると思っている。車で1時間をかければ選択肢は多くなる。
 それでも車で15分くらいの所の温泉が一番近い温泉である。そこは、 NHKの番組で紹介されたこともある、掛け値無しの掛け流しの温泉である。今日は、ジムが定休日だったので、10時閉店のところ駆け込みで入ってきた。腕の筋肉痛を治すにもいいのではないかということを期待してのことでもあった。
 ちなみにジムは、循環湯である。ホットサウナが魅力である。
 この湯は、少し温めで熱い湯に我慢して入っていることはない。しかし、以前経験したことであるが、油断して長湯をしているとのぼせてしまうこともある。
 最後の湯に3人ほどが入っていた。これくらいなら湯船はゆったりである。
 20分ほどあれば十分な時間で入ってこれる。今日もそのようなものであった。
 筋肉痛に効くといいのであるが。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-20 22:36 | よしなし

続・筋肉痛   

 4,5日前から右腕の肩に近い表側が痛む。筋肉痛なのか。ジムで上肢の筋トレをやった際、生じたのか。今は、上肢の筋トレは休んでいる。
 今日、インストラクターの人に聞いてみた。痛みがある場合と、しびれが有る場合とでは問題の捉え方が異なる。痛みの場合は、しばらく休めば痛みが無くなってくる。しびれの場合は、医者に相談した方がいいと。神経がからんでいる恐れがあると。
 私の場合は、痛みと少ししびれみたいなものが混ざっているようだ。
 もうそろそろ痛みが無くなってもいい頃なのだけれど、まだ続いている。
 とう対処したらいいのだろうか。
 今、特に痛む。
 医者に診てもらう必要がある。満身創痍のようなものである。
 
 今日、ジムでドリンクの試飲販売会が開催されていた。色は黄色であった。クエン酸の効果を強調していた。
 飲むと、甘酸っぱい。販売員が言うには、酸っぱく感じる場合は、疲労気味だとのことであった。今の時代は、ジムでスポーツ・ドリンクは必需品である。今は、種類も豊富で迷う。安さで選んでいるところがある。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-02-19 21:33 | ジム