<   2006年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧   

食事   

人と食べるとその食事内容が気になる。夕食、晩酌が始まる。酒は、日本酒である。一升瓶を二本空けるそうである。刺身などを肴している。気になったのは、塩辛いもの頓着無く口にしていることである。白菜の塩もみもがばがば食べる。ご飯などは、ほとんど食べない。塩分の感覚が麻痺しているようである。これでは、長生きできそうにないではないか。
[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-31 06:27

  

北陸路を旅している。昨日は、福井の永平寺まで行って来た。大晦日にテレビに除夜の鐘と共に映し出されるお寺である。雪深いところで暖冬のこの時期でも白く雪があった。料金を払って七堂の寺院内を巡り歩いた。多くの修行僧がいるとのことであったが目にしたのは、ごくわずかであった。斜面に建てられていて階段を上りまた下る。それほどの感動も湧かなかった。最近は、ちょっとのことでは、驚かなくなった自分がいた。修行には、大層寒そうなところであった。

d0100254_2014832.jpg

[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-31 01:46

北陸路   

金沢の近くに来ている。日本海の海岸の波が荒い。風は、強い。曇り空の中に青空がのぞく。室内にいれば、のんびりゆったりとした気分である。年末をここで過ごす。市場には、さまざまな魚介類が地元産のカニが一番を飾るものの、アゴ黒などの初めて知る魚も多い。この時期この地は、豊かである。



 蟹に付いている青いタグは、石川県産を示すものだそうです。だから茹でるときもはずさず食べる皿の上までついて回るのだそうです。また最近、蟹と言えば越前蟹が有名なこともあり、それに対抗して石川県産のものを「加能カニ」という名前で呼ぼうということになったそうです。加賀と能登を足して二で割ったものですが。
[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-29 15:58 | 料理

ドイツから   

夏、スイスのツェルマットでガイド付きクライミングを一緒にしたドイツ人に、遅ればせながらその時の写真を送ってやった。送ることを約束していながら、怪我などがあって果たせないでいた。ガイド一人にそのドイツ人と私の二人。私だけがカメラを持っていてクライミングで頂上にたどり着いて互いに撮りあった。気にはなっていたものの送れずにいた。年賀状出した勢いでようやく出せた。早速、お礼のメールが来た。とても喜んでいた。あの時出会った家族にも見せたであろう。肩の荷が降りた。日本人は少し親切すぎるかもしれないけれど。

 
d0100254_20384381.jpg

[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-28 05:19

遅れ続き   

大宮駅で乗り換えをさせられた。しばらく待って別の先発列車に乗りまもなく発車。東京駅で乗り継ぎの指定席券をあつらえる。予定より2時間遅れである。東京は、いい天気である。
[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-27 13:35

遅れ   

強風のため新幹線が遅れている。出発駅で25分位、しかしそれで終わること無く、途中も強風で速度を抑え気味で50分以上遅れることになると言う。当然乗り換えには接続できず、新たに手当てしなければならない。どうにもままならないものである。今、大宮駅に着こうとしている。
[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-27 12:34

  

 雨が降り続いている。これから東京方面に出かけるのに先が思いやられる。一時的なものであれば良いけれど。
 雨音も大きい。しかも寒いし。
 列車に乗ってしまえば、大丈夫であろうけれど。

 もっと寒ければ雪になるところだったのであろう。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-27 07:07

スポーツジム   

 今は、スポーツ・ジムのチェーン展開が全国的に進んでいるようである。
最近利用を始めたところも全国に何店かある。インターネットで検索してみると、自宅からもっと近い所にも別のチェーン店が見つかった。多種目のエクササイズやプログラムが用意され、プールやスタジオ、マシーンなどがあるのも似ている。
 新たに見つけたところは、入会の仕方によっては、全国にあるジムでも利用が可能だとか。出張が多い人には、便利であろう。
 一度、見学に行ってみよう。
[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-26 19:42 | ジム

医者の発言   

私の担当の医者は、しゃべらない。必要最低限のことしか言ってくれない。時に、よくしゃべってくれる医者もいる。口腔外科の医者は、そうであった。この方がいいと思う。こちらから問うことさえはばかれる雰囲気の医者は、困る。こちらは、何もわからないのだから。たくさんの患者を受け持っているから時間が無いと言えばそれまでであるが。
 とにかく、整形外科病院の医院長先生は、「3ヶ月になるね」とか、「レントゲンを見せて」とか、「2週間後に来て」とかそんなことしか話してくれない。こちらかの質問の時間も惜しげである。
 「痛む」と言っても、それにまともの答えてくれない。これが、私にとって一番大事なことなのに。

 医者は、もっと患者に情報開示すべきである。
[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-26 01:25 | リハビリ

年賀状   

 漸くのことで、年賀状を出した。これですっきりした。
 例年、出す数を少なくしようと考えるけれど、なかなか切ることができない。
それでも何通か昨年よりも少なくした。
 インクジェットの用紙の葉書には、マッターホルンの写真を使った。
 クライミングでガイドと登った山頂での写真も使った。
 相手によって使う写真を替えてみた。
 
[PR]

by yosinasi06 | 2006-12-25 21:38