カテゴリ:自転車( 84 )   

ヨーロッパ横断   

 このところ、ヨーロッパを自転車で旅をした紀行記を読んでいる。

 夏にできたらヨーロッパを旅したいと考えている。その参考になればと。

 その1冊は、最近出たばかりの本で、石岡通孝(2010)『ロバは自転車に乗って リスボンからワルシャワまでヨーロッパ自転車五、七〇〇キロの旅』未知谷
である。これは、ポルトガルのリスボンからポーランドのワルシャワまでひたすら自転車で
道と宿泊に苦労しながら走るサイクリングの記録である。スペインなどは自動車道が専らで
高速道路ばかりで自転車の走れる道がなかなかないそうである。
 自転車に乗る経験もそれほど無く、ヨーロッパに行く前は、あるとき突然、自転車に目覚め
沖縄を何度か自転車で走った経験があるだけであった。
 自転車にそれほど知識が無い方が、こうした旅に向こう見ずに飛び出すことができるのかも
しれないと思った。
 だから、この紀行文には、どんな自転車に乗っていったのか、どんな荷物でとかそれに続く者が
知りたい情報は何も記されていなかった。そんなことはどうでもいいのかもしれない。

 今日、読み終わったのは、以前買って一度読んでいた本である。もうすっかり忘れていた。
たまたま本を整理したら見つけたのであった。
 須田實(2003)『もっとスローに! 時速15キロの旅 ヨーロッパ自転車道中記』東京書籍
である。
 まず最初は、ドナウ川の源流から河口を目指して川沿いに設けられている自転車専用道路を走るという旅である。上流から下流に下るから自転車の登りが少なく比較的楽に走ることができる。
 この道路の専用マップも売られているそうで、それをガイドに走ったそうである。
 それから続けて毎年、ライン川とかロマンティック街道沿いの自転車専用道路を走る旅をした。

 こうした自転車のツアーも開催されているそうである。また自転車をレンタルしてもいい。

 この二冊に共通するのは、旅での人との出会いや宿の評価などである。もう少しクレジットとして
自転車について基本的なことを情報として提供して欲しかったと思う。

 もともと自転車そのものに興味があったのでは無いからしょうがないと言えばしょうがないけれど。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-07-08 19:57 | 自転車

ツーリング   

 今日は、とてもいい天気であった。こんな日は、走るにしくはない。
 それに、高千穂遥『ヒルクライマー宣言』を読んでいる最中で、ますますその気になる。

 早朝に、畑に寄り、10時過ぎには名取に閖上に向かった。ここは、日曜日には日曜市場が開かれ、魚介類を中心にその他、野菜や季節の食べ物などが販売される。10時過ぎともなるともう片付けが始まっている時間である。

 そんな中、それに近い駐車場に車を停め、準備をする。スタートは、10時19分になった。行きが1時間と決めている。それから戻ってくる。

 今日は、名取のサイクリングセンターの駐車場をスタート地点としてロードの大会が開かれているらしく、走行途中、集団のローディーによく出会った。

 阿武隈川のサイクリングコースに向かう。5月末まで川の堤防道路のサイクリング・コースの一部を改修していた。それで6月にも入ったことで、その完成を確かめに走ることにした。その場所は、これまでの2車線が4車線になったようにアスファルトで舗装され、広々としたいい自転車道になっていた。これが全体にまで拡張されるといいと思った。

 阿武隈大橋を渡り、川の反対側の土手の自転車道を走る。ここは、草刈りが行われていないので少し走りにくい。特に逆コースを走ってくる自転車もあるからなおさらである。

 東屋でほぼ1時間、しばし休憩。途中で買った大判焼きを一個食べる。昼近い時間だから少しお腹に入れておく必要があった。

 もう一度阿武隈川の海岸近くの大橋を渡り元のコースを戻ってくる。帰りは調子よく足が回る。ロードバイクで走っている人たちもいて、その中で3人ほど追い抜いた。

 いつもだとそれほどスピードは、出さないのに、今回は、結構、一時的なものではあったが、かなり足を使った。疲労もそれだけ大きい。

 全体として気持ちのいいツーリングであった。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-06-06 22:02 | 自転車

疲れた   

 畑仕事を午前中に一応済ませ、昼食後、少し休んで自転車ツーリングに出かけることにした。

 出発点は、いつものように名取サイクルスポーツセンターの駐車場である。ここで準備を整える。

 ここには、自転車用の周回コースもあり、自転車も貸し出している。またサイクリングの人たちのための宿泊施設もある、またレストランも。

 この施設の二階にあるトイレでウエアを着替える。

 そこを出発したのは、2時近くになっていた。準備には、何かと時間がかかる。

 今日は、日差しも強く、夏用のウエアである。ただ思ったほど暑くは無かった。

 ローディーは、時々見かけるけれど、もう帰ってくる人たちが多かった。でもだいたい空き気味の道路であった。

 時々私を追い抜いていく自動車は、大きく車間距離を取って迂回してくれた。なかなか親切である。

 このところ、往きが1時間で戻ってくることをやっている。だんだん脚力が回を増すごとに付いてきているためか、前回よりもさらに遠くに行けるようになっている。

 それで今日は、鳥の海の港の公園まで足を伸ばすことができた。そこでは釣りをしている人が何人か見かけた。何が釣れるのであろうか。ミミズを餌にしていた。

 5分くらい休憩を取って、戻ることにした。帰りは、往きよりも早い。2時間もせずにサイクルセンターに戻ってきた。

 実際は、すごく疲れていたようである。自宅に帰り夕食を済ませると、もう何もやる気がせず、そのまま爆睡。目覚めてみると9時半になっていた。真夜中ということはなかったので、適当な睡眠であったと言える。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-05-22 22:31 | 自転車

ロードツーリング   

 今日は、朝からいい天気であった。

 昼過ぎ、ロードツーリングに行くことにした。風は少し強かった。

 閖上の朝市をやっている所の駐車場に車を停め、準備をした。

 午後だから、市場はやっていない。朝なら車と人でごった返している所である。

 2時20分頃に出発。1時間で走れる所まで走って、それから引き返して来ようと考えた。

 これでもそこへ戻ってくるのは、往復が同じ時間なら4時20分である。

 どこまで行けるか。車もそれほど走っていない道路を進む。

 125号線に出て海岸沿いに阿武隈川方面に向かう。軽いギアでのんびり進む。

 ポーラーの速度計、ケイデンスと平均速度は明示するけれど、今の速度が明示されない。

 ちゃんと操作すれば明示されるのだと思うのだけれど、その操作がわからない。

 どうもこの計器は、使いにくい。今は、時速の代わりに走行時間が出るようになっているようだ。

 阿武隈大橋の近くで阿武隈川の河口口に向かう。その近くまで自転車専用道路が造られている。

 河口口の水面では、ヨットセーリングをやっている人たちがいた。ヨットと言ってもサーフボードに帆を付けたようなヨットである。阿武隈川のこの大橋を渡る時に、やっているのを見ることができる。

 私もやってみたい気持ちがある。このヨットはどこで販売されているのであろうか。

 またやっている人たちは、何かのグループを作っているのであろうか。

 まだそれを確かめていない。河口口がちょうど1時間であった。

 デジタルカメラで、動画撮影をする。特にヨットのセーリングの所を。

 静止画よりも動画の方が、後で振り返る時、臨場感がありいいと思う。

 少し休んで、引き返すことにした。帰りの方が、遥に早くスピードが出た。

 全体的に下り坂になっているのであろうか。

 出発点に行きよりも早く着いた。

 今日は、比較的のんびり走った。これを繰り返していく内に、もっと時間を縮めたいものである。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-05-03 22:47 | 自転車

いい天気   

 今日は、畑仕事をして昼食を済ませて、今シーズン初めてのロードバイク・ツーリングに出かけた。

 天気は、最高である。ただ風の強さが心配だった。しかし、穏やかな風であった。

 自転車専用の靴を忘れてきてしまった。それで普段の履いてきた靴で走るより他なかった。

 でも、これはこれでペダルにくっつけられていないので、それなりに気楽であった。

 いつでも足が自由になるから。

 阿武隈川の土手の上の自転車専用道路の一部が、舗装改修工事が行われていた。日曜日だというのに、作業が進められていた。信号手の男性に、いつ完成するのか聞いたら、5月の末だとのことであった。

 ロードバイクには、やはり舗装道路でないと走るのがしんどい。

 この工事で道路がすばらしいものになりそうである。

 だんだん整備されるのは、歓迎である。ただ、時々、不法にバイクや軽自動車が入り込んでくる心配がある。

 阿武隈大橋を渡って帰ってきた。その橋の近くにあるいつもの店で、大判焼きを1個(100円)を買い、その場で食べる。


 今日は、ロードバイクで走っている人たちをよく見かけた。こんな天気のいい日を逃す手はない。

 ジムの室内で運動している気にならない。

 今日のレプリの筋トレとヨガ教室は、休んだ。

 明日もいい天気のようである。しかし、仕事である。

 その次の日が、雨らしい。


 久しぶりに、快い疲れを感じている。

 畑には、ラベンダーの苗と絹さやの苗、それに紫蘇の苗を植えた。うまく育ってくれるといいのだけれど。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-04-25 20:00 | 自転車

サイクルモード東京   

 今週の金曜日から3日間、幕張メッセでサイクルモード東京が開催される。
 今年は、どうしようかと思ったけれど、どぷもわざわざ出かける気力が以前よりわかない。
 会場の図もネットで見たけれど、小さくなっているような感じがした。これも経済不況の影響か。

 まだ今のLOOK555で十分だし、今年は、例年ほど走る機会が無かった。気候のせいばかりではないけれど。

 MTBの走りをやってみたいとおもっていたけれど、それをサイクルモードで実際に走って確かめることができるのであるのだが。

 しかし、MTBも仙台でいいコースがあるだろうか。

 とにかく、これからも機会を見つけて走るようにしよう。とは言っても、季節的に難しくなる。

 また来シーズンか。


 たまたまテレビを付けたら「熱中時間」をやっていて、自転車のヒルクライムを東京の街中でやっていた。
すごい。24%の傾斜度である。ダンシングも封印して檄坂を登る。
 まだ私は、だめだ。テレビでは、田園調布の檄坂を何本もやっている。
 誰だろう。安田ゆうきさんである。名前の漢字を書き留め損なった。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2009-12-09 22:54 | 自転車

サイクルモード東京   

 今日、たまたまBSの番組を午後、チャンネルを代えて見たら、「しまなみ海道」の自転車道を走る
番組をやっていた。今治と尾道を渡っている瀬戸大橋の自転車道を走る大会があったらしい。たぶん、夏頃だろうと思う。

 いつかは、自分の自転車で、このしまなみ海道を走ってみたいと思っている。片道だと75㎞で、往復で150㎞くらいだと言う。

 自分の車に自転車を乗せて、現地まで行きたい。

 もちろん、自転車だけを持っていく選択肢もあるけれど。


 番組の終わりに、これから開催される「サイクルモード東京」が、12月11、12,13日に開催されるとのことである。

 昨年も行ったと思う。今年は、随分、年も押し迫った時期に開催されるものである。

 早めに、宿も早めに予約して奥必要がある。

 試乗会が、楽しみである。ロードバイクもさりながら、MTBの試乗も特別に作られたコースを走るのも楽しみである。当日、天気がいいといいのであるが。




 でも、今のところ買う予定は、無いので行っても余り役に立たないか。
[PR]

by yosinasi06 | 2009-11-23 18:31 | 自転車

久久のロード   

 今日は、自転車のロードには、もってこいの日よりであった。
 穏やかな秋日和というのか、風の無く、気持ちよく自転車を走らせることができた。

 最初に、畑に寄ったので名取のサイクルセンターで準備を整え、出発したのは12時近くであった。

 その前に、コンビニでおにぎりとフライドチキン、牛乳とヨーグルトで昼食を済ませておいた。

 途中でとあんパンを一つ。

 コースとは、私にとって定番の海沿いのコースをただひた走り、阿武隈大橋のところで川沿いに川上を走る。途中で会う自転車は、なぜか少なかった。自分だけがこのコースを独占しているような気分であった。

 スピードも前回よりも少し上がっているようである。それは、あくまでも私にとってのことであるが。

 途中、左の大腿四頭筋の一部が痛み出した。少し痛むという程度で済んだ。ジムでの筋トレか、それとも昨日走った、トレイルランイングのためか。多分、後者かもしれない。

 ちょうど、1時間くらいで、中間地点の阿武隈川河川のコースにある四阿に到着。ここでしばし休憩。
スポーツドリンクとあんパンを食べる。今日は、河川敷にはだれも来ていなかった。いつもはボートなどもやっているのに。

 そこから阿武隈川を渡る橋をつっきり、反対側に出る。後は、帰るコースである。

 元の橋を先に進めば、阿武隈川の河口で、今時は、名物のどんぶりで賑わっている。
 多分、土曜日で行列ができているかもしれない。

 後は、ひたすら帰るだけである。途中、休むこともなく膝の痛みもほとんど気にならなくなっていた。

 センターに到着。45.7Kmくらいか。いつもとだいたい同じ距離である。

 ただセンターの近くのコースは、あちこちで冠水していて水をかぶった。2時過ぎであったが、この時間帯になると河口からの水がコースの道路に流れてくるようだ。深さは、たいしたことはなかったので、大事には至らなかった。

 自転車屋さんで洗車調整してもらうことにした。今時は、忙しいようで、私は、明日は乗らないし、月曜日もだめだし、火曜日は、この店の休店日ということで水曜日までにお願いした。
 店長の遠藤さんがポーラーの速度計をいじって走行距離を見てくれた。彼にしてもポーラーの操作は、それほど容易ではなく、漸くファイルを呼び出して、走行距離を見出した。正確には覚えていないけれど、3400Kmを越えているとか。チェーンを代える頃だと言っていた。今回は、通常通りで次ぎくらいかなとも言っていた。もうこの自転車も4年くらいにはなる。早いモノである。

 今の所、とにかく、1週間に1回は走ることに決めている。天気に左右されることもあるけれど。

 いつもは、ジムが中心であるが、外で実際に走ることの大事さを実感しているので、できるばけ走ることにしたい。

 季節的にも、もう走ることができる期間も限られている。
 
[PR]

by yosinasi06 | 2009-10-17 22:46 | 自転車

サイクリングウエア   

 先週の土曜日に、いつものコースを走った時、途中で尻がいたくなった。
 今日は、ゴアのサイクリングウエアを身につけて走ることにした。これは、イタリアで買ったものである。

 やはり、専用のウエアだと尻もそれほど痛くならない。

 明日、仕事で自転車で走る時間が取れないので、今日、代わりに走ることにした。


 天気も、それほど照り返しもなく、ちょうど、いいくらいである。
 ただ、帰り頃になると、半ズボンだと少し寒さを感じるようになった。

 
 コースは、名取のサイクリングセンターから阿武隈大橋を経由して川沿いのサイクリング・コースを
 走った。それでも3人か4人くらい自転車で走っている人たちを見かけたであろうか。

 ボトルを3回くらい落とした。ボトル入れのバネがきいていないためであった。

 走行距離は、45.5Kmであった。

 ジムは、腹筋と背筋を中心にやった。
[PR]

by yosinasi06 | 2009-09-25 22:36 | 自転車

久しぶりのロード   


  昨日は、久しぶりのロードに出かけた。
  途中、畑に寄った。隣の畑の人が一人来ていた。キャベツの苗をくれるというので、それで、一条、畝を作り、そこへ14本ほど定植した。

  その後、名取サイクリングセンターの駐車場に行ったのであった。服装は、自宅で用意してきた。
後は、タイヤに空気を入れ、ヘルメット、サングラス、それに靴を身につければいいだけである。
 タイヤの空気は、相当にいれないほど、タイヤから空気が抜けていた。

 このセンターを出発したのは、11時50分ころであった。行く前の少しストレッチもした。
 天気は、曇り空で、日差しが照っているより気持ちのいい、サイクリング日よりであった。

 自転車のギアの切り替えが、すっかり忘れてしまったように、なかなかできなかった。

 何度も走りながら試行錯誤を繰り返して、漸く上台のギアに切り替えることができた。
 以前も教えてもらっていながら、なかなか本当に仕組みを理解していない。

 コースは、いつものコースである。センターからまず松林の自転車道を抜けて、海岸の松林に沿った道路を走る。それから阿武隈川の河川にそった自転車道を行く。
 途中、自転車で走っている人たちをたびたび対面する機会があった。数は、少ないように見えた。

 スピード計のスイッチを出発前に入れるのを忘れいていた。見ると、スピードが以前よりも落ちているのがわかった。ジムで鍛えていると言っても、所詮、ジムはジムで、あるレベル以上には上がらないようである。
 また、自転車とジムのランニングとでは、使う筋肉も違うようである。
 特に、難儀したのは、サドルに乗っている尻が痛くなったことである。数ヶ月前には、慣れているためかそれほど痛く感じることは無かった。それが今回は、ピストンで、帰りのコースでは痛さが尋常ではなくなった。

 スピードも平均速度25キロより遅くなっていた。久しぶりの自転車は、やはり体がそれについて行っていないことをはっきりと教えてくれた。
 ジムばかりだと、やっている割に、体力やその他があるレベルより落ちている。何もしないよりは、いいけれど、やはり、実地に自転車で走るとか、外の山を歩いてみるとかなどしないと体を鍛えることにはならないことがわかった。

 ただ、怠けることには、弱い、私には、ついついハードなことから逃げてしまう傾向がある。

 昨日の反省から、もう少しロードの頻度を増やすことにしようと思っている。最低でも週に1回は、ロードに出かけたい。


 走行距離:41.7km
[PR]

by yosinasi06 | 2009-09-20 09:52 | 自転車