カテゴリ:よしなし( 739 )   

ノマド読書   

 最近、読書をするのに喫茶店を利用している。

 「ノマド読書」と称している。

 街中のある喫茶店は、1階と2階のフォロアーが店になっていて、通り側が禁煙席、奥の方が

 喫煙席である。両者の境は、空けきっているので、タバコの臭いはしてくる。

 座席がソファであったりして座り心地は、いい。

 今日などは、佐々木俊尚さんの「キュレーションの時代」の新書を読了することができた。

 自宅だと何かと誘惑が多く、長時間の読書には向いたいない。
 
 今日などは、4時間近く読書に割いたことになう。

 ただ、他のお客の言っていたことであるが、エアコンの暖房は、1階が寒い。

 時にすーすー冷たい風が足下をすり抜けていく。

 一方、2階は暖かである。暖かい空気は上昇するから当たり前と言えば当たり前である。

 この様な店がもう少しあるといいのだけれど。

 図書館での読書も意外としずらい。いわゆる勉強スタイルである。

 だからということも無いけれど、私の場合は眠たくなる。

 読書ということを考えたら、図書館でもソファなどを用意するといいのだけれど。

 そんなことは、頭に浮かびもしないだろうなと勝手に想像している。

 自分にとって快適な読書のあつらえをもう少し考えてみたい。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-02-12 00:33 | よしなし

ノマド読書   

 最近、「ノマド読書」をやっている。

 ある全国チェーン店の喫茶店でである。

 ここは、1階と2階があり、入り口側と奥とで禁煙席と喫煙席が分かれている。

 扉が閉められていないので、タバコの臭いがしないことはない。

 でもこの店の良さは、長居できることである。

 それに加え、椅子がソファーで長く座っていても痛くならない。

 たいていの人が長居を楽しんでいる。

 中には、ある英会話教室か知らないけれど、ここを使って教室を開いている。

 ワンツーマンでやっている。あるときは、中国語の教室も開かれていた。

 人の声は、遠慮無く聞こえてくる。

 でも読書するには、それを除けば、快適である。

 この街でこうした場所を、まだここしか見つけていない。

 だから当面は、ここでノマド読書を続けることになりそうである。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-02-08 23:36 | よしなし

C級の国   

  堺屋太一さんは、ものごとを整理することがうまい人である。

  失礼だけれどあれだけの年齢に至ってもまだお元気である。

  昨晩、衛星放送の番組の一つをたまたま目に付いた。

  それは、『討論スペシャル、いま日本を考える、激動のアジア新時代』という番組である。

  その中の論者の一人に堺屋太一さんがいた。

  最近では、上海万博の日本館の展示をプロデュースした。あのかっての日本での大阪万博に

  引き続いてのことである。

  経済の安定性だけがBで後の項目はほとんどCだという。この評価は、データに直接もと

  づくものなのかどうか、あるいは直感的なものかわからないけれど。

  「楽しみ」がD評価だったのが印象的である。日本人はどうもきまじめすぎる。自殺率が高いの

  もその一つである。お隣の韓国も同じ傾向があり自殺率が日本に追いついてきているそうであ

  る。人生を楽しむということが、堺屋太一さんは主張する。

  それとの関連で言えば、これもたまたま観たテレビ番組からのことである。最近の映画の話題作

  の紹介でアメリカ映画『食べる、祈る、恋する』が取り上げられていた。

  その作中で、主人公の離婚した女性がアメリカからイタリアに行く。そこで「アメリカ人は娯楽

  をしっているけれど、快楽を知らない」と言われるのである。食べるにしてもダイエットを気に

  してカロリー制限をする。少し乱暴かもしれないけれど、うまいものはとことん食べるそれがい

  いのだと言わせている。確かにそうかもしれない。あるいはそうで無いかもしれない。

   日本の社会、もっと皆が人生をどう楽しむか考えてもいいのではないかと、そんなことを

  考えさせられた一時であった。

   さて何をする。自炊ばかりをやっている場合では無いかもしれない。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-02-06 01:55 | よしなし

自炊   

  しばらく在宅していなかったので、自炊ができなかった。それはそれでいい。

  今日は、少し久しぶりに自炊に勤しんだという感じであった。

  新書を主として6冊くらいやっただろうか。

  何冊かやってもまた新刊を3冊くらい買ったので、自分の蔵書の有形物を減らす

  ことにはならないかもしれない。

  書店に行くと、新たに買いたい本がいくらでも出てくる。
 
  ここ最近は、ソーシャルメディアについての本が何冊か出ていて求めることになった。

  立入勝義『ソーシャルメディア革命』ディスカヴァー携書

  福多利夫『スマートフォン戦争』マイコミ新書

  濱野智史・佐々木博他『日本的ソーシャルメディアの未来』技術評論社

  などである。

  今、ソーシャルメディアをキーワードにしてこれにかかわる問題に関心を持っている。

  Twitterでもそれを主にツイートに聞き耳を立てている。

  今、動いている問題なりテーマである。

  自炊の話から別の話に入り込んでしまった。これらの本を一度、読んでそれから

  自炊したいと思っている。

  自炊に話を戻すと、ドキュメントスキャナー、富士通製の1500 を求めてきた。

  1300は持っていたのであるが、これは、別のところで、1500で少し時間の

  短縮につなげたいと思っている。

  まだ荷ほどきはしていないけれど。

  明日の仕事になる。

  
 
[PR]

by yosinasi06 | 2011-02-04 23:18 | よしなし

帰宅   

  雪の山形市から帰ってきた。

  今日は、晴れであった。しかしなかなかに寒かった。

  こちら、太平洋側は、その点まだ温かである。

  仕事、かなり気を遣うものだったので、疲れた。

  今日は、ゆっくり休もう。

  今、アジアカップのアンコール放送を観ている。

  オーストラリアとの決勝戦である。

  結果が、わかっているから安心して観ていられる。

  でも勝った試合だからこのまま見続けるつもり。

  
[PR]

by yosinasi06 | 2011-02-03 19:50 | よしなし

雪靴   

 明日から山形市に行く必要があり、日本海側は大雪という天気予報もあり、

 雪靴を新調した。こちらでは、小雪が舞う程度でほとんど特別に靴をあつらえる

 必要が無い。

 あちらは、よくわからないけれど、革靴で行ってもまずいだろうというのが

 こちらの予想である。

 Keenの防寒機能をもつ雪靴である。まあこれなら大丈夫であろう。

 少しハイカットであるし。

 さてさてどうなることか。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-30 22:38 | よしなし

雪情報   

 月曜日から、山形県の県庁所在地である山形市に行く予定である。

 日本海側は、山形市に限らず、雪が降るという予報である。

 雪降り情報の他に、どんな靴を履いていったらいいのかわかるといいのであるが。

 ネットでそんあ情報もないかと検索してみたけれど、どうもわからない。

 これからは、そんな情報もネットでしることができるといいのであるが。

 Twitterを使えば、そのようなこともわかるのであろうか。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-30 00:55 | よしなし

自炊(続き)   

  このところ、毎日、自炊をしている。

  主に、雑誌類と新書がほとんどである。

  また新書より少し厚い本もやっている。この場合には、最初、厚さを半分にする

  必要があり、それが少し面倒である。カッターで真ん中を切り込み半分にする。

  接着剤が残らないように少し糊面から少し間を空けて裁断するようにしている。

  以前、糊がスキャナーにくっついて筋が付いたことがあった。

  今は、キヤノンと富士通の二種類のスキャナーを使い分けている。

  富士通の方は、カラー版の雑誌に当てている。

  それぞれ癖があって、その癖が少しずつわかってきた。

  ScanSnapは、まあ満足なデキであるが、一部、横向きになってスキャンされる時が

  ある。それで確かめてみないといけない。

  いずれも、欲張って一度にたくさん積み重ねると、重層をしていしまうときがある。

  辛抱強く、やっていく必要がある。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-27 22:16 | よしなし

ノマド散歩   

 ノマドワーキングができる場所、意外と少ないものである。

 まだ、見つけていないかもしれないけれど。

 今のところ、あるチェーン店の一店を見つけているだけである。

 ここは、座席もしっかりしているし、ソファーであるが、長居ができるのが良い。

 皆、そのつもりで来ている。

 あるチェーン店では、長居することを許さない店もある。

 その点、今、使っている店は、条件が良い。

 今日は、11時頃から1時半頃までいた。昼食を摂ったけれど。

 ただ、一店だけだと、心許ない。さらに見つける必要がある。

 ノマドワーキングができるところがもって街中に増えてくるといいのであるが。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-24 20:48 | よしなし

フェースブック   

 今、山脇伸介『Facebook世界を征するソーシャルプラットフォーム』ソフトバンク新書

 を読みかけている。世界に5億人のメンバーがいるそうである。

 実名のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)である。

 ただ私は、今一踏み出せないでいる。

 自分を全てさらけ出すことが躊躇させるのである。

 もっと気楽にやっていきたい。ある種の匿名性があるから自由でいられるという

 こともある。常に社会のしがらみと相対していなければならないとは、

 しんどいこともである。

 フォーマルなものとインフォーマルなものと両方あってもいいのでは。

 生活の全部が筒抜け、特に、人間関係が開けっぴろげなることがそれほど

 いいとも思えない。

 マーケティングには、確かに美味しいことではあっても。

 まだペンディングである。
[PR]

by yosinasi06 | 2011-01-19 23:06 | よしなし