カテゴリ:リハビリ( 22 )   

プールで   

 例年だとこの時期になるとプールには行く気もしなくなる。

 それが、今は違っている。

 以前だと想像するだけで寒気をもよおしたものである。

 それが、腰痛のリハビリでとにかく運動はしなければということと、マッサージも

 兼ねてプールに行っている。

 今は、運動と言っても、水中ウォーキングである。水泳は、腰をひねる動作も入るかも

 しれないからと控えている。

 とにかく、腰痛を一番に治すことが先決である。

 30分ほど、ひたすらプールのコースを歩く。ジムのプールには、歩き専用のコースが

 設けられている。6時ころであったが、参加者はそれほど多く無い。

 専念すれば30分もあった間である。

 その後、ジェットバスでマッサージ。これは10分ほど。その後、簡単なこのジムのメニューに

 あるストレッチを一通りやって終了である。

 入浴時間、露天風呂につかり、サウナに入り、ミストシャワーを受け、それから身体を洗う。その後、また入浴、最後はシャワーを浴びて終わり。

 書き出すと結構、細々とある。

 身体を動かすと気持ちもすっきりする。
 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-10-19 23:35 | リハビリ

水中ウォーキング   

 とにかく、腰痛できちんとした運動を控えている。
 
 それでも身体は動かさないと思う。

 それでジムのプールで水中ウォーキングをすることにした。

 今日は、30分ほどした。夕刻近くであったから人は少なかった。

 時には、1コース独占という時もあった。

 ちゃんとした姿勢で歩く。

 他の人も歩いていると、速度がそれぞれ違うので、途中から折り返すこともしばしば。

 この後、ストレッチをし、ジェットバスに入る。

 これがなかなか良かった。いつもだと少し入ってすぐ出る、まるでカラスの行水であった。

 今日は、これがマッサージ効果があることに気づき、長く入っていることにした。

 腰にも効果がありそうである。

 腰痛も腰の真ん中というより、右よりに痛みを感じるようになった。

 少し右足がしびれるような感じもする。

 右腰の部分を指圧してみる。

 原因不明のこの腰痛、痛みだけでも早く無くしたいものである。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-10-17 22:46 | リハビリ

眠い   

 今日は、やたらいに眠い。
 早朝、4時に起きたのはいいのだけれど、やはりこの時間帯、涼しい時に睡眠に当てた方がいいみたい。それで新聞を読みながら眠りに就いた。

 7時頃にまた起きて、朝食を摂ったらまた眠くなり、10時近くまで眠った。

 眠気覚ましにジムで水泳でもしてこようと、行ってきた。

 昼食を軽く済ませ、また眠くなり今、1時半過ぎである。

 とにかく横になっている方がいいみたいだ。

 プールでの水泳は、少なめに250m。

 さて、どうしようか。

 小腹が空いて、ジャムトーストを一かじり。

 昼間眠ってしまうと、夜、眠れなくなってしまう。それが心配だ。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-07-25 13:37 | リハビリ

1年   

 昨年の今頃は、病院のベッドの上にいた。それから1年立った。

 ちょっとしたことが、大きな躓きの元になる。

 昨年は、木曜日に怪我をして、翌日金曜日に手術となった。

 それから1年はかからないで医者の手を離れることができた。

 しかし、まだ傷跡は残っているし、ときどき突っ張る感じもする。

 でも、日常生活にはほとんど苦労はない。

 この困難な状況を何とか切り抜けて、少しはしぶとくなったか。

 ジムに行くようになったのも、これが切っ掛けであった。

 今では、ジムは私の生活の一部になっている。

 今日のジム:「ヘルシーヨーガ」21:00~22:00
自転車こぎで体力測定をしていてクラスのスタジオに行くのが遅れてしまい、いつもの場所につけなかった。別に悪くはなかったかれど。

 そんな思いをしてやった体力測定は、いつもの普通3レベルではなく、それ以下のレベル2に終わった。昨日は、レベル4まで行ったのに。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-10-05 23:10 | リハビリ

抜糸   

 今日は、昨日畑仕事をしたせいか、朝いつもと同じように早く起きることができなかった。夜中、何度か眼が覚めたりしたのであるが、意識は通院まで向かわなかった。
 特に、5時ちょっと前に目が覚めたのに、そのまま眠ってしまった。
 次に起きたのは6時半頃である。
 この時間になると当たりは起き出している。そんな中を病院に向かう。
 病院の玄関口には、車いすの喫煙者が煙草をくゆらせている。3人ほどか。
 喫煙室が別に設けられているにもかからず、喫煙者は、玄関の外で喫煙をしている。病院の起床時間は6時だから随分早くから起き出している。
 喫煙していない者にとって、玄関口だから好むと好まざるとにかかわらず煙を吸い込むことになる。しかし、面倒だから何も言わない。

 それはさておいて、受付に記帳する。この時間であったにもかかわらず、診察順は3番目であった。大勢が二回の手間に甘んじているわけではないことを知る。

 点呼の時、私の前の人が一人不在で、二番目になる。

 術後ほぼ2週間で、抜糸をすることになった。全部では無く、二本だけ残して3本抜くとのことであった。ホチキスみたいな針で止めている。それをはさみかペンチで抜いていく。実は、そのところをちゃんと見ていない。目をつぶっていたからである。案外、気が小さい。
 抜く時、少し痛みを感じた。
 後の二本は、明後日になる。
 シャワーくらいは浴びてもいいということであった。
 運動も。

 もう少し我慢してみよう。もう少しである。

 抜糸して、脚が少し軽くなった感じもする。

 

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-09-10 23:04 | リハビリ

通院   

 今朝も5時には、順番取りで病院へ。今回は、2番目。しかも最初の人は、リハビリだけなので、診察では一番目。

 一度戻り、しばし睡眠を取る。いつまでも寝ていて遅れてしまっては、元も子も無いので、少し早めに出かける。それにかかわらず、今日はいつもより遅く診察が始まる。


 いつもの様に消毒。傷口を見て、「あまり歩き回らないように」と医者から言われる。内心、「それならそうともっと早めに言ってくれよ」と思う。

 昨日、散歩などやるんでは無かった。知らないからつい無理をしてしまった。

 できるだけじっとしていることが大事みたい。

 でもこの主治医は、最低限のことしかしゃべってくれない。

 今日は、「来週、抜糸です」と言ってくれた。

 ある程度、一般的経過の道筋はあっても、患者によってケースバイケースなのであろう。

 でも、もう少し説明があればと思う。もどかしさが抜けない。
 質問すればいいのであろうか。ここの呼吸がわからない。

 時々、患部が痛む。我慢できないほどではない。

 次回は、明後日。
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-09-05 20:35 | リハビリ

散歩   

 今日は、久しぶりに太陽が顔を出した。明日からはまた崩れるそうである。
 
 夕方、少し自転車で走ってみようと思った。しかし、いつものコースまで行くには時間がかかりすぎる。自宅近くにいいコースを設定できないかと地図で検討してみたけれど、見つからない。車の走る狭い道でしかも丘陵地帯で上り下りがあちこちにある。

 特に車と狭い道を走るのは、余り気持ちのいいものではない。
 それで、自転車に乗るのは断念。
 
 その代わりに散歩をしてみることにした。散歩なんて久しぶりである。
 これも狭い道で車と一緒のところは、いいものではない。
 そんなところを最小限にして、とにかく運動をしたいということで散歩に出かける。

 夕刻ともなると明日、崩れる予兆か曇りである。

 日中の蒸し暑さがおさまって、歩きやすい。

 今日の散歩コースは、近くのコーヒー専門店まで行き、そこでお茶して、戻ってくるというものである。

 普段、行くこともない途を見繕いながら歩いていく。


 ジムに通えない運動不足を補うにはまだまだであるが、何もしないよりもいい。

 喫茶店で「イーブニングコーヒー」を注文。本を読む。お客は、一人。
 ゆっくりコーヒーを味わう。ここは、長居してもそれを許してくれる。

 自宅に戻る。散歩は、自転車と違ってもろに身体にくる。自転車の方が好きだ。

 

 
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-09-04 21:09 | リハビリ

続通院   

 今朝も通院のために朝5時頃、受付のために病院に出かけた。既に二人ほど受付していた。診察希望の人が一人いて、私は2番目になった。
 
 新聞を持って幹線道路沿いの給油所と併設されているドートール・コーヒーに行く。そこでコーヒーとホットドックを摂りながら、新聞を読む。

 ここの店員で声がハイトーンの人に出くわすことがある。この時は、耳障りで難儀する。今朝は、普通に話す人であった。助かった。

 このことを以前、ドートルでアルバイトで働いている人に聞いた時、わざとはいトーンで声を出すようにしていると言っていた。今は、止めたのか。

 途中、朝日が出て何だか今日は、天気が良さそうである。(結局、それほどでは無かったけれど)


 新聞読了後、再び自宅に戻り、改めて朝食を摂る。

 8時までに再び、病院に向かう。車で6分くらいか。

 8時過ぎ、診察。消毒。「まだ水に浸けないように」と指示される。
 ここ1週間ほど風呂に入らないでいる。タオルで身体をふく程度。
 まあ、ここが一番大事な段階だから、じっと我慢である。
 気候も秋めいて、汗をかかないので助かっている。

 とにかく抜糸まで待つより他無い。

 また明後日、通院予定。

 これを早朝に済ませると、ほっとする。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-09-03 18:09 | リハビリ

通院   

 今日から通院。この病院は、4時から受付をしている。眼が覚めたのは、5時過ぎであった。早速、病院に向かう。もう受付の名簿には、早くも3人も記名があった。しかし、幸いなことにいずれもリハビリだけの人たちであった。そのため私が診察希望の一番目であった。
 
 この様にして受け付けをすると、8時からの早い時間帯から診察を受けることができ、またリハビリは通常の開始時間からであるが優先的に割りふるわれる。これは、知っている人は、知っているというこの病院ならではのやり方であり。他の病院はわからないからなんとも言えないけれど。

 早い時間帯に受付をして、そのまま待っている訳ではない。一旦、自宅に戻り、8時近くにまた病院に向かう。この受付をしておくと、確実に早く済ませることができるので助かっている。

 8時にこの病院の職員内での朝礼があるそうで、それが終わり次第、診察が始まる。最初に呼ばれたのは、もちろん私で一番目の診察室に入る様に看護士さんから知らされる。診察室は5室ある。椅子に座って医者が来るのを待つ。私のカルテがテーブルに置かれる。また昨日撮った患部のレントゲン写真も貼られる。

 カルテを見るでもなく見ると、今回の私の手術名は、「患部名+骨内異物除去」手術であった。こう呼ぶのだと初めて知った。私は、勝手にどう呼んでいいのかわからないから、「軸抜き」とかと呼んでいた。入院中、看護士の人が回診時に「ばってん」と言っていたのを聞いた覚えがある。字はどうかくのだろうか。カルテで「こう呼ぶんだ」と納得した。直径1ミリ、長さ3センチくらいのネジ状の金属である。それも二本。確かに身体には異物に違いない。

 医者は、患部を薬で消毒しながら「順調だ」と言ってくれた。次は、明後日だとも。

 8時10分前には終わっただろうか。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-09-01 20:15 | リハビリ

退院   

 今日、退院した。朝の回診で患部を消毒した後、主治医から「いつでも退院していいよ」と言われた。予定通りである。歩くと多少痛みがあるものの、病院にいてもことさらどうにかなるものでもないので、予定通り退院することにした。医者も抜糸すれば痛みも無くなるともおっしゃっていた。それなりの時間がかかりということであろう。
 昼ご飯を食べた後、出た。
 
 生憎、雨降りの日であった。でもやはり自宅に選ることは無いので、入院時に取り立てて不満は無いものの、出ることにした。

 部屋は、個室で余り気兼ね無く過ごせたけれど、やはり病院に他なくいろいろな制約があり。特に、就寝時間が9時と早いのがなかなか大変である。

 ともあれ、自宅に戻ったことで、次の段階に踏み出せる。

 明日からしばらくく一日おきに通院である。多分、術後2週間で抜糸ということらしいから、それまではおとなしくして過ごすより他無いだろう。

 ホットした。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-08-31 20:29 | リハビリ