カテゴリ:飲食店( 22 )   

讃岐うどん   

  讃岐うどんのチェーン店がこの街でもできた。

  時々、食べに行く。気楽に食べられるのがいい。

  セルフではない。

  うどんは、天ぷらを食べるから、油を取りたく無い身にとってかなり剣呑である。

  ただ時々、讃岐うどんが食べたくなる。

  本場、讃岐のうどんまではいかないけれど、まあまあ食べたくなるうまさである。

  何回か、高松を起点として讃岐うどんを食べにレンタカーに乗って巡ったことがある。

  ローカルなものが、他の地域でも食べられるようになってきたことは、いいことではある。

  でも、本物は、現地に行かなければ。

  また、時間を見つけて行脚に行こうと思う。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-11-01 21:28 | 飲食店

讃岐うどん   

 今日、新しく見つけた讃岐うどんの店に行って来た。
 
 最近は、仙台でも讃岐うどんんも店が何店もできてきた。

 今の時期、ぶっかけの冷やが好みである。

 ただ天ぷらをつい頼んでしまうから、脂肪分がどうしても増えてしまう。

 この店、まあままうまかった。

 何て店だったのだろうか。

 また行ってみよう。

 チェーン店である。全国展開をしているのであろう。

 値段は、少し高め設定かもしれない。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-08-10 22:09 | 飲食店

はづれ   

 昼前、仙台の街場に出る機会があった。最初、毎週の様に行っているインドカレーの店に
行こうかと考えていた。しかし、毎週ともなるとさすがに少し飽きる。

 そこで、山行で筋肉痛もまだ残っているし、元気を付けるためにとんかつでも食べるかと
考えた。

 以前、もう何年かになるかもしれないけれど、芸能タレント名前を冠したとんかつ屋が
仙台にも支店を出し、お客が列を作っていて食べる機会を失していた。

 話の種に一度は、食べておこうと思った。

 11時開店で、それを少し過ぎた頃、店に行った。

 私がこの日の最初の客であった。豚肉を薄くスライスして何枚も重ねそれをころもで包んで揚げたかつが売りである。

 しかし結果は、残念に一言に尽きる。まず第一にご飯がべちゃべちゃ、まだ炊きたてで十分に蒸らしていないようである。こんなご飯、食べられないと苦情を言ったけれど、結局、これを食べることになった。

 カツもたいしたことはなかった。油が十分に切られていない。

 私の帰る時になっても、お客は誰も来ていなかった。

 そんな店であった。芸能人の名前だけを借りて、従業員を促成マニュアルで教え、営業をやっているのであろう。

 そんなことにも頭が行かない、自分に腹が立った。

 それにしても、仙台にはおいしいトンカツ屋が無い。私が知らないからかもしれないが。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-06-29 16:44 | 飲食店

「かつや」   

 先日、テレビでとんかつやカツ丼のチェーン店「かつや」を紹介していた。
 天丼のチェーン店を参考に、カツ丼で挑戦した店だという。

 その社長も店員の中からその才覚を認められた若い人がなっていた。
 
 とんかつに使う肉も冷凍ではなく生の肉をオーストラリアから取り寄せて使っているとか。

 大概のとんかつチェーン店が冷凍を使っているのがほとんどだと聞いているのにである。

 仙台にもあるかと駅前のそれらしい店を先日、探して行ってみたことがあった。その店は、

 名前も違っていた。ただ安い価格で吉野屋の牛丼のように商いをしていた。

 それで、いつか「かつや」という店に行ってみたいと思っていた。

 東京では池袋駅の近くに所用の関係でホテルを取った。池袋駅西口を出たところに
その「かつや」があった。試しに入ってみた。ちょうど夕刻ということもあって混み合っていた。でもすぐ席はとれた。

 ひれかつ定食を注文した。値段は690円くらいか。値段に比して満足のいけるレベルであった。

 この店では期間限定で「マグロのかつ」を出している。隣のお客が食べていた。

 これも物は試しと、時間をおいてまた行ってみた。「まぐろかつ丼」を注文した。

 これは、私には、あまりうまいとは思えなかった。魚臭さが気になった。私の個人的な好みかもしれないけれど。

 B級、かC級のグルメがどっちかというと好きである。

 とんかつは好きで、東京では御徒町にある店で2900円のヒレカツを食べたこともある。

 仙台には、なぜかこの街を代表するような店が無い。最近、余所からやってきた店は、何店かあるけれど。肉の銘柄を唱ったかつである。

 とんかつは、やはりヒレカツと言ってもカロリーが高いから、最近は以前ほど進んで食べる無いようになってきてはいる。しかし、おいしそうな店ともなると気にはなる。

 もう、「かつや」は、わかったからもう一度とは当分は考えることは無いだろう。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-05-31 22:41 | 飲食店

「ナイル」   

 銀座に寄って、昼ご飯は、久しぶりにインド料理店の「ナイル」に行った。

 以前は、もう何年前になるのか、相当久しぶりにこの店を訪ねた。

 まだ11時半だというのに、もうお客がたくさん入っていた。でも席にはすぐ付くことができた。

 もちろん、相席だけど。名物店主のナイルさんがまだ健在。

 この店の定番メニューの「ムルギランチ」を注文する。チキンカレーである。

 骨付きのチキンが付いていて、それにキャベツを主とした野菜の煮たものやマッシュポテト、黄色いご飯があり、それにカレーがかかっている。テーブルに運ばれてくると、店の人がチキンの骨を目の前で外してくれる。

 その後、お客がこのカレーを混ぜ合わせる。ナイルの店主が「まぜればまぜるほと美味しくなる」と言っている。普通、それを知らないとほとんどのお客は、混ぜずにそのまま食べる。

 だから店主は、お客の様子を見て、先のことをお客にアドバイスするという次第である。

 久しぶりの「ムルギランチ」は、以前と変わらず美味しかった。

 IPadのおかげで久しぶりに銀座に来て、食べることができた。

 私は、基本的に決まった店にしか行かない。それが私にとって食に対する安心感である。

 その前に築地に行ったのだけれど、日曜日でも海鮮丼の店で溢れていた。お客も結構、来ていた。しかし、私は、何だか立ち寄る気にはならなかった。

 どの店がいいのかこんなに店が多いと戸惑ってしまう。

 平日の築地が好きだ。B級グルメの格好の場所と言っていい。これもまたいつか。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-05-30 22:13 | 飲食店

古川の喫茶店   

 先週、現在は大崎市になっている古川に行く機会があった。
 車で仙台の泉インターからのり古川インターで降りる。しばらく走ると古川駅である。
 ここは、新幹線の駅にもなっている。

 以前来たとき行ったこの駅近くの喫茶店を探した。随分前になるから今でもあるかと思いながら。

 その店は、今でも昔とたたずまいを同じくしてやっていた。

 その店の名は、「珈琲の木」という。(宮城県大崎市古川駅前大通1丁目5 5Mビル)

 オリジナルなブレンドを注文する。お客も何人か入っていて賑やかである。

 この珈琲がうまいのだ。こくがあるといのか後味が何とも言えずうまさが口の中に残っている。

 ある所を訪問するために、駅前の駐車場に車をとめて、そこから2分くらいのところの店がある。

 新幹線が停まる駅と言っても、田舎のことだから街としての賑わいは、無い。

 しかし、この喫茶店が一店、気を吐いている感じである。その店の珈琲は、仙台の大きな街でも
なかなか見いだせない味わいだから。

 訪問の約束を終えて、もう一度、その珈琲の味わいを楽しみたくて寄ってみた。

 また同じこの店のブレンドを注文した。

 最後に支払いの時に、年配のマスターに「美味しいですね」と話しかけると、よく聞き取れなかったけれど、「内は、40数年前からこの珈琲の入れ方をしている」と聞こえた。確かに、カウンター越しに見ていると、一杯の珈琲ごとに豆を煎っているのである。これがあのこくを生んでいるのであろうか。

 またこの珈琲を飲むためにも来たいと思った。
[PR]

by yosinasi06 | 2009-07-05 08:11 | 飲食店

味噌カツ   

  仕事が終わり、夕飯は、名古屋名物になっている「味噌カツ」を食べることにした。

 どうせ行くならと、矢場町にある「矢場とん」本店にした。

 地下鉄駅の矢場町で下車、店は、地図をたよりにすぐ見つかった。すでに6人くらいは

 店の前に行列を作っていたであろうか。

 それほど待つことなく、席につけた。

 脂身の少ない「ヒレカツ」にした。それに加えて、豚汁も注文した。

 店のまえの行列は、途切れることがなかった。

 ようやくきて、食べた。やっと名物料理を食べたという感じである。

 ただ、豚汁は、だめだった。さめているし豚肉は一切れも入っていなかった。

 これは、不正解であった。

 食べ終わって、大須観音にお参りにいった。

 もう街中は、店じまいが始まっていた。
[PR]

by yosinasi06 | 2009-05-31 20:07 | 飲食店

味噌煮込みうどん   

 名古屋にきたら味噌煮込みうどんもはずせない。

 「山本屋総本家 本家」で夕食をとることにした。

 名古屋コーチンを使い、卵も入れた「親子」という煮込みうどんを注文した。

 これがメニューの中では一番高い。1500円くらいか。

 特別、どうってことはないけれど、やはり名古屋に来た以上は、口にする。

 汁の熱さで唇を火傷させたようで、すこしふくれている。

 とのかく、名前がすごい。本家を名乗るのは、もう二度押しである。

 ただ、味噌煮込みうどんが名古屋の名物としても、それほどうどん店がここかしこに
あるわけではない。

 香川県の讃岐うどんの店の多さを考えると、味噌煮込みうどんは、名古屋の人たちにとっても

 日常食になっているとは、思えない。

 ただ、八丁味噌が名古屋風を出しているという訳か。

 次は、味噌カツであるが、名物店は、行列が、これがあるとそこまでして食べたいとも

 思わなくなる。機会があれば、食べることにしよう。

 随分前、食べたとき、とんかつはすでに揚げてから時間がたっていて、ただ味噌カツソースにつけて
どんぶりに載せたようなものが出た。はたしてどうなのであろうか。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2009-05-30 22:09 | 飲食店

インドカレー   

 自宅の近くにインドカレーの店ができた。

 それを近所の人に教わった。

 それで、昨日、行ってみた。今月中まで、ディスカウントでやっていた。

 一種類のカレーとサラダ、ナンかライスを選択できるものが500円である。

 そこは、まだ量が少ないように見えた。

 そんなことがあって、もっといい店に行ってみたくなった。

 それで、夕方、その店に行ってみた。

 そこは、ナンが食べ放題である。私は、2枚食べた。それで十分である。

 店の人の話では、9枚が最高だそうである。

 ここの店は、先の店より、質と量の点で秀でている。うまかった。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2008-06-18 23:53 | 飲食店

がっかり   

 最近、開店したイタリア料理レストラン「DONO DONO仙台泉店」に行ってきた。
 先日の土曜日にも昼時訪ねてみたけれど、お客で一杯で列をなしていた。
 平日ならと、今日、訪ねてみた。11時30分開店だと思ったら、11時であった。
 店内は早くもお客で一杯であった。ただまだ列をなすほどではなく、席に案内してもらった。
 若い女性の店員が、通路側の椅子を引いて座るように導いた。その時は、なぜかと少し疑問に思った程度であった。当然、通路側よりも壁側の方がいいと思い、メニューもその方向を向いていたし、そちらに座った。しばらく座っている内に、店員の意図がわかった。壁側に座ると、眼前にトイレの入り口があるという訳である。カーテンで仕切ってあるとはいえ。

 最初は、それほど気にもせずにいた。ピザ「マルゲリータ」のランチセットを注文。サラダとドルチェが付く。

 ただ、次第に、注文を待っている中で時々、お客がトイレに入り出すと気になりだした。カーテンがちゃんと締め切っていないとなおさらであった。

 店員が、わざわざ通路側に座らせようとした意図がわかった。この席がいい席ではないことをよく知っていたからである。まさに確信犯である。

 新装開店したばかりの店、席のレイアウトが悪すぎる。常に、誰かが貧乏籤を引かされることになるだろう。それで、毎回、私の様に、お客を無くしていくことになるだろう。基本的に、混む店は好みではない。行ってみないとわからないからな。

 どこかのチェーン店なのであろうか。最近、この手のイタリア料理の店の開店が目に付く。それほどの熟練もなく運営できるノウハウが出来上がったのであろうか。ソースなどは、出来合のものでも何とかなりそうだ。

 それにしても、楽しみにして出かけた食事は、がっかりなものになってしまった。
 帰り際、入り口はお客で列をなしていた。
 
 ジムは、定休日。
[PR]

by yosinasi06 | 2008-02-12 21:09 | 飲食店