2008年 10月 13日 ( 1 )   

仙台へ   

 東京経由で信州から仙台に帰ってきた。

 途中、どこもいい天気であった。

 連休とあって、列車内は、満員である。でも幸いに、指定席を確保できた。

 東京では、原宿近くにある「スペシャライズドのコンセプトショップ」に立ち寄ってみた。

 思ったほど、こじんまりしたたたずまいであった。

 もう少し大きなスペースだと思ったけれど、案に相違してであった。

 途中、竹下通りを通ったけれど、若者、特に若い子で一杯である。

 若子の買い物だけでやっていけるのかそんなことを考えながら、一杯の通りを人をかき分けるように前に進んでいった。

 東京の街は、年齢層で区分けされたところがところどころにありそうである。

 それがいいのかわるいのか、どちらでもないとおもわないけれど。

 帰りの仙台行きの新幹線は、一杯一杯で、結局、6時28分発になってしまった。これが、最速で8時8分に到着する。

 今回は、同窓会に出たのだけれど、山登りの方が良かったかなともおもうところがある。

 懐かしのセンチメンタリズムは、わかなかった。それが、現実である。
[PR]

by yosinasi06 | 2008-10-13 22:13 | よしなし