読書   

 この連休は、ジムとロード以外は、自宅で読書。

 ただ、読書での問題は、ずっと読み続けると眼が痛くなることである。

 今、医者から二種類の目薬を処方してもらっている。毎日、食後に指すように指示されている。

 ただ、ずっと読み続けると、眼が痛くなる。ドライアイのせいだろうか。眼を使いすぎると眼が痛くなるのだろうか。どうもわからない。

 たくさんの本をいつも読んでいる、松岡正剛さんの『多読』の本を読んでみた。

 どうしたらいいのだろうか。

 読むべき本は、たくさんある。肉体労働である。少なくとも私にとっては。
[PR]

by yosinasi06 | 2009-05-05 22:30 | よしなし

<< 温室的 ブルベ >>