現実逃避   

 最後にじたばたしている。現実から逃げることができたらどんなにか楽かしれない。

 問題はわかっている。その現場に立ち会うことがこわいだけだ。

 でもできたら逃げたい。そんな思いで寝苦しい夜を過ごしてきた。

 まだ問題を先送りしただけである。今日のその機会はあったのに。

 でも、だが、踏ん切りがつかないでいる。そのことの結果、どういう事態が待っているのか。また起こるのか。

 わからない。しかし、こわい。実にこわい。

 だから、また一日延ばしにしてしまった。

 最悪の事態、それに耐えることができるだろうか。

 まだ、逃げている。逃げたい。問題から目をそらそうとしている。

 しかし、最後には決着が待っている。それだけは、わかっているのであるが。

 逃げても逃げ切れるモノではない。それもわかっている。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2008-06-23 22:35 | よしなし

<< 晴れ間 堆肥 >>