ウコンのきんぴら   

 2週間前に畑の耕耘の時、Uさんからウコンをもらった。
 きんぴらにして食べるといいとのことであった。

 もらったものの、なかなか食べる機会が無かった。
 それを、今日の夕食に初めて食べた。

 きんぴらである。皮は厚いものの、中は瑞々しい。
 細くスティック状に切りそろえる。

 油で炒め、後は醤油だしで煮込むだけである。

 しゃきしゃきした食感がなかなかいい。新たな食べ物が私の食の領域に入った。

 どうも頭で食べているところがある。

 昨年、沖縄ヘチマの苗を1本買ってきて、それを植えたら、夏過ぎになって猛烈な繁殖があった。何本もできた。しかし、どうも食べる気にならなかった。そしてとうとう食べることなく終わってしまった。
 これは、沖縄では、「ナベラー」としておいしく食べている。3月に那覇を訪ねた時も、わざわざ食べたほどである。知らないと何もできない。

 
 今日のジム:「らくらくウォーク」21:15~22:00
 毎回、動きが異なる。覚えるのも大変である。

 体力測定:3(普通)

 体重は、減量でまた大台を超えた。
[PR]

by yosinasi06 | 2008-04-09 23:39 | 料理

<< 飲み会 人との摩擦 >>