耕耘   

 今日は、畑の仲間が集まって耕耘機で畑を耕した。

 朝、9時集合になっていたけれど、私は、早めにでかけた。30分くらい早く、一番に到着。

 天気もまあまあで、ただ少し曇りがちであった。もし天気が良ければ、畑の後、ロードで走りたいと思っていた。

 仲間の一人が、自前の耕耘機を持ってきてくれた。以前、1万円で手に入れたといっていた便利な道具である。

 タマネギとネギの畝を除けば、その大部分が耕す部分である。

 Uさんがまず自分の畑を試運転で耕す。その後、私の番。

 何回かやっているので、今ではそれほど操作に困らない。やはり、手で鍬を使って耕すより、遙かに楽だし、ちゃんと土を耕すことができる。

 一通り耕して、他の仲間と交代する。今日は、私の他に、6人くらい集まっただろうか。

 一段落ついたので、畑作業は終わりにして、ロードに出かけることにした。

 もう昼近くになっていた。風も少し強かった。阿武隈川の側沿いの自転車専用道路を周回することにした。橋を渡って対岸に出て元のところに帰ってくるというコースである。周回距離は、後ではメータを見たら、16㎞少しであった。それほどの距離ではない。1時間もかからないくらいである。今日は、まあ、この程度にしておいた。
 その後は、駐車場から間近な、「わたり温泉鳥の海」に行き、一風呂浴びてきた。日曜日、さすがにお客さんで一杯であるが、以前のように並ぶほどではなかった。

 1階の地場産品売り場を物色していると、ネギの苗を見つけた。色つやが良さそうである。
見つけた時は、いい機会だと、それを求めることにした。

 早速、畑に戻ってそれを定植することにした。すると、仲間の一人が戻ってきていて、農作業をしていた。聞いてみると、ジャガイモの種芋を定植し、カブの種をまいたそうである。

 私の買ったネギの苗は、数えてみると50本であった。250円だったから1本、5円の勘定である。

 一畝を作ったけれど、50本では、全部まで行き渡らなかった。もう少し買い足す必要がありそうである。

 帰り、DIYのセンターでジャガイモ種用の草木灰を買う。植える時、種芋を半分か3分の一に切るのだけれど、その切り口に草木灰をつけるといいそうである。

 耕耘中、ジャガイモは幾種類も一緒に定植しない方がいいという人がいた。だいたい、メイクイーンが多いようだ。やはり煮崩れしないのがそれを選ぶ理由のようである。

 地主さんの奥さん、ご主人が高齢で亡くなられてから、今まで精を出していた畑をますます減らしたいとのことであった。それで新たに耕作してくれる人がいないかとわれている。ますます、賑やかになりそうである。

 Uさんから「ヤーコン」をもらう。これは、皮をむいてきんぴらみたいにして食べるといいらしい。私は、まだ食べたことはない。3本ほどもらってきたから、近く作ってみようと考えている。
 またUさんから、以前頼んでおいた長いもの種芋を分けてもらった。3本ほどである。また植え方も教わった。できあがった時に、収穫しやすいように、横に向けてしかも方向を三本とも同じ方向で植えるといいらしい。確かに、横に生長してくれれば、深く掘る必要がなくなるから。

 仲間との交流は、知らず知らずに自分だけではわからないとを、いろいろ教えてくれる。

 私の畑には、収穫を待っているネギがたくさんある。その一部分を収穫していきた。ネギがたくさんある時、これをたくさん食べられる料理として、「すき焼き」しかしらない。ネギは、どんなたくさん入れても溶けたように姿形が小さくなってしまう。今晩も例によってすき焼きということになり、やはりたくさん用意したけれど、同じようになった。旨かった。
 他にネギを食べるレシピは、無いだろうか。細々とはよく使う食材ではあるけれど。

 そんな訳で、今日のジムは、無し。
[PR]

by yosinasi06 | 2008-03-30 21:20 |

<< なごり雪? 誘惑 >>