テレビ・チェア   

 REGZA Z3500 42 が居間にしつらえて、ここからさらにいろいろと考える。
 今は、8畳の和室にそのテレビは鎮座する。畳みに寝転がって見ていることが多い。
 
 テレビ・チェアがあったらと時々思うようになった。

 先日も別のものを物色しに行った時、テレビ・チェアになりそうなものを見つけた。

 それは、ノルウェー製のチェアで、「ストレスレス」という名の商品である。
 チェアとオットマンの組み合わせである。革製で試しに座ってみたがなかなかいい。
 リクライニングがうまくできている。これも候補の一つになっている。

 値段も結構なもので、一応目星を付けているものは、少しディスカウントされて、
24万円くらいである。

 今日、書店で室内のチェアの特集をやっている雑誌を見つけた。
 それも、この手の名品を取り上げている。
 その中でいいなと思ったのは、豊口克平デザインの「スポークチェア S-5028」である。日本の和室を想定して作られた椅子である。座高は340mmと低く、畳みの部屋で使うに適しているかもしれない。
 値段は、105,000円である。これも候補の一つになった。

 この雑誌『Kappo』vol.3では、それを取り扱っている店も紹介されている。まあ体の良いカタログ雑誌と言えないこともないが。我が街にも結構、しゃれた店が何軒もあることを知った。今度、見て回ろうと思っている。

 今、空間をどうデザインするかに関心がある。限られた空間をどう気持ちよいものにするか、できるかが課題である。


 今日のジム:「らくらくウォーク」21:15~22:00
なかなか動きついていくのが大変であった。しかし、気持ちよくできた。

 体力測定:3(普通)
[PR]

by yosinasi06 | 2008-01-30 23:13 | よしなし

<< 中毒事件 健康具 >>