なんとか   

 何とか懸案の仕事をこなした。本当に小さな仕事である。
 それすらできない状況にあった。
 1週間くらいかかったであろうか。
 いつも、途中で逃げ出してしまう。「持続しない」というのは、そういくことである。
 でも、何とか踏ん切りを付けることができた。

 今は、落ち着いている。この状態になるまでそれを解く鍵を見つけるように、右往左往してしまう。ある時、突然、霧が晴れたようになる。

 またいつしか、このことを忘れてしまい、同じことの繰り返しになる。

 とにかく、目的に向かって何かを続けることが大事だとわかった。しかも、遠回りするのではなく、直接に目的にぶち当たることが重要である。何だこんなことだと後でわかる。それがその時まで見えてこない。

 頭の中の筋肉が固まるかのようなそんな状態で、ニッチもサッチいかなかった。

 ともかく、一山越して、その固まりみたいなものが、少しほぐれた。

 意欲も湧いてきた。これまでは、その意欲が減退気味でそのことが途中でくじけさせていたとも言える。


 今日は、曇よりとした重い感じの天気であった。寒さも一塩で、電気ストーブを付けた。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-10-16 21:44 | よしなし

<< 寒・温 頭の働き >>