ヒップホップ   

 今日は、これまで参加したことがないジムのプログラムを取った。
 それは、「ヒップホップ」である。もう運動というより舞踏である。
 足さばきは簡単ではない。エアロのステップよりむずかしいかもしれない。

 なぜか、参加者は他のプログラムに比べて少ない。今回のクラスは、11人くらいであった。
 インストラクターは、男性である。だぶだぶのズボンとTシャツを着ている。
だから、身体の動きが読み取りにくいところがある。

 なぜだぶだぶか、調べてみると、ヒップポップの故郷、アメリカ、ニューヨーク、ブルックリンのスラムに住む貧しい黒人の親がいつまで着れるように子どもに大きめの服を着せたからだという。他にも説があり、それは囚人服から来たというものである。これも大勢の囚人に服を揃えるために大きめになっているとのことであった。

 見える身体の動きもある。動きが微妙なところがあり、なかなか様にならない。

 でも、これができると格好いいと思う。

 最後に、インストラクターがヒップホップのパフォーマンスを披露してくれた。

 ストリートダンスみたいなものである。

 身体を動かすのに、いろいろな方法があるもである。

 今日のジム:
       「かんたんヒップホップ」16:00~17:00
[PR]

by yosinasi06 | 2007-04-29 18:58 | ジム

<< ツーリング 連休の初日 >>