底冷え   

 朝から寒い、天気もどんよりとした曇り空。天気が良ければ自転車の朝練に参加するところでしたが、出かける気にもなれない。
 天候に左右される他力本願な性格か、灰色の世界に気持ちも同じ色をしているようである。天気予報では、晴れのはずであったのに。特に寒さには堪える。少し暖房を入れる。温度計ではそれほど低くはないのに、体感温度は寒さを鋭く感じさせる。
 
 気持ちを切り替えようと、午前中、ジムに向かう。途中、小雨すら降った状態であった。

 「らくらくウォーク」(30分) 最も初歩のエアロである。しかし、実際やってみるとV字ステップ、A字ステップ、レイズアップ、シャンテなど足と手を組み合わせての動きは、私にとってはそれほど容易ではない。さらにマンボステップやターンなどが入ると身体がほとんどついていっていない。まあ、場数を踏まないことには、だめだろうけれど。これが一番簡単なものだから、少し嫌になる。基礎の基礎である。

 この後、元気が良ければ「らくらくステップ」(45分)を取るつもりであったが、どうも身体が今一元気が無いので、ヨーガの方に参加することにした。
 「ヘルシーヨーガ」(1時間)である。これは、ヨーガのクラスでは、一番初歩のクラスである。もっともこのジムでは、その上のクラスに「スタイリッシュヨガ」があるだけである。(yogaを「ヨーガ」と「ヨガ」とか同じジムなのに呼び方が違う。なぜだろうか。)

 インストラクターは、「らくらくウォーク」と同じ女性。最初、ヨーガでもある流派みたいなものに属するものだという話をされた。いろいろな流れがあるらしい。「…」と言われたのであるが、忘れてしまった。その名を聞けば事情通であれば、その位置づけや特徴などもわかるのであろう。最初「ヨーガの話をします」とおっしゃった割には、話は、それだけで終わった。もっと何か話すつもりであったのかわからない。最前列で、私は目をつぶって聞いていたので少しぎくっとした。

 まずマットに座って足指を回すころから始めた。右足指の一本ずつ5回転を逆回しを含めて2回、それに3回引っ張る。これを全部の指に施す。さらに親指と小指を引っ張る。これも同じ回数。右と左の足指に施す。これなどは、いつもの定番のものである。
 さらに内蔵部に効果のあるヨーガのポーズを行っていく。
 私の場合、おつんべこして上体を後ろにそらして床面につく動作ができない。それで下肢は伸ばしたままで呼吸を繰り返すだけにとどめた。右足首に余り負荷をかけないように慎重にしている。これもヨーガの基本的なものであろうけれど、まだまだだめである。

 今回は、余りむずかしいものはやらなかったようである。だいたいそれなりにできた感じである。

 少し体を落ち着かせるには良かったのでは、ないかと思っている。

 これで、本日は終了。


 ジムで、特別にアウトレットをやっていた。スポーツウエアや靴下、水着、ゴーグルなどが特別価格で販売されていた。見たけれど、気に入ったものは無かった。売れ残ったものだろうから、それなりのものであるのであろう。流行にも左右される。かっこよさなどもそのつど変わる、不思議なものである。
[PR]

by yosinasi06 | 2007-04-15 15:53 | ジム

<< 雨 姿勢補正 >>