単調さとのつき合い   

 ジムに行ってきた。自転車こぎは、なかなか単調で20分がせいぜいである。
 マシンで走ったり、自転車をこいだり、皆良くやっているものだとつくづく感心する。私はだめだ。すぐ飽きてしまう。テレビ画面付きのマシンでも最近ではだめである。皆、気持ちは同じでも忍耐力があるのであろうか。
 このジムでは、さまざまなプログラムを提供している。今日、最初、ヨガ教室に参加しようと考えていたのだけれど、時間が合わずそれには参加できなかった。その代わりに腹筋の教室に参加した。20分と短時間ということもあり、どんなものか試しに参加してみた。マットを使ってやる。マットに寝ころび、腹筋の上下、左右それぞれを20回ごとに屈伸をする。なかなかきつい。ちゃんとできない時もある。これは、いい運動になる。覚えてしまえば、一人でもできなことはないけれど、きついこともあって一人では挫折してしまうだろう。やはり、こうした教室があると助かる。
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-01-13 18:00 | ジム

<< 山の食事 ロープ回収 >>