太極拳   

 祝日の特別企画でジムでは、初心者向けの太極拳の教室が開かれた。
 これも、今回初めてである。いつも筋トレのメニューをこなした後、参加。
 講師は、中国人の中年くらいの女性であった。
 参加者は10人ほど。皆初めての人だったようである。そのため、一番初歩的なメニューでやってくれた。
 太極拳は、武術の一種で、特に守りに力点をおいているそうである。
 手や足の動きが独特である。
 まず、挨拶、右手で拳を作り、左手は開いたまま両方を合わせる。
 身体全体のもみほぐしから。
 一つの型を教えてもらう。呼吸法とか身体の流れとかそれぞれの方法に独特なものがある。先日のヨガを含めて、こうした身体の動かし方を習得すれば、何かいいことが有りそうである。
 コースは、1時間、たっぷりである。それでも動きを覚えるまでには至らない。繰り返し続けることになる。

 健康のための太極拳の他に、競技としての太極拳があり、それはアクロバット的な動きも伴うものになっていると説明があった。18歳までのキッズ向けの模範演技を見せてくれた。空手なでの型みたいなものか。身体がぶれるとそれだけで減点されるという。

 テレビで観たことのある、中国の人が公園でやっている様子を思い浮かべると、それは静かな身体の動きである。私は、こちらの方でいい。
 
 足首のためとあって、動きが激しくないものを専ら選んでやっている。次の段階に進めるためには、もう少し時間が必要のようである。
 
[PR]

by yosinasi06 | 2007-01-08 16:50 | ジム

<< 年初の診察 雪 >>