バジル   

 畑でバジルの葉が少し摘めるようになった。

 バジルの葉ですぐ思いつくのは、ピッザのマルゲリータである。

 今日、ようやく焼くことができた。先日からバジルの葉は、スタンバイであったのであるが。

 パン焼き器を使うと材料を仕込めば45分ほどで生地ができあがる。

 トマトソースは、トマトを一個、ただ刻んでソテーするだけ。

 途中、光通信の売り込みの電話があって少し焦がしてしまった。危うくすべて台無しにするところであった。

 チーズは、ごく普通のミックスチーズである。もう少しレベルを上げてもいいのだけれど今回は、これで。

 生地を伸ばす、ほとんで手である。まずソースを引き、その上にバジルの葉を散らす。

 たくさんあるから全体を覆い被すほどである。その上にバジルの葉を隠す様にチーズを散らす。

 赤、緑、黄色と三色にするには、これではいけないのだけれど、バジルの葉がオーブンで焼いている内に焦げて真っ黒になるのも困る。

 専門店では確かにバジルの葉の緑が残っている。これは短時間に高温で焼くからできるのだと思っている。

 自宅だと、200度で15分もかかる。

 イタリア国旗の三色という訳にはどうもいかない。

 自宅で作るにはほどほどによくできた。一気に食べてしまった。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-07-19 19:19 | よしなし

<< 水泳 昨日はロード >>