鳴子温泉   

 今日、鳴子温泉に寄る機会があった。
 もう何年ぶりになるだろうか。少なくとも5年以上はたっている。

 古川から1時間近くかかる。

 午後の時間であった。平日なのでそれほど道も混み合っていない。

 川渡温泉、東鳴子温泉を過ぎてまもなく鳴子温泉である。

 共同風呂が二カ所にある。一つは、「滝之湯」もう一つは「早稲田の湯」である。

 車の駐車場の関係で、「早稲田の湯」に入ることにした。

 外観は黄色に塗装されている。

 券売機で買う。入浴料は520円で、以前よりも値上がっている。

 「滝之湯」は、150円だそうである。

 係の女性が、今は貸し切りだと言う。

 広い風呂内、天井も高くゆったりした空間を満喫できる。

 以前、入った時は、少し熱いように思っていたけれど、今日は、丁度いい温度であった。

 広い湯船につかり仕事の疲れを癒した。無臭である。

 湯船の隣の木製の床に寝そべったり、誰もいないから好きなことができる。

 何度も入ったり出たり。この入り方がいいらしい。

 最近は、ジムの風呂ばかりであった。久しぶりに温泉の湯につかることができた。

 20分くらいだろうか。その間、誰も来なかった。すっかり満喫し出ることにした。

 いくら入っててもいいとしてもそれほど入っていられるものではない。

 帰り、鳴子温泉名物の「栗だんご」を元祖と言われる「本舗一之坂餅店」で求めた。

 用意してくれている間、お茶と瓜の味噌漬けを出してくれた。「栗だんご」は、出来たてで
温かであった。

 6個入って740円だった。

 後は、高速を使って帰ってきた。ただ監視カメラのところで他の車が結構、スピードを出していて、こちらがスピードを落とすとクラクションを鳴らす始末であった。東日本の観光バスも相当にスピードを出していた。追い抜いて先に走っていってしまった。観光バスでも結構、スピードを出すんだと思った。

 今日は、一日中、雨もなく、昼間は太陽が照りつけていた。暑かった。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-07-09 18:59 | よしなし

<< 泉ヶ岳 だるい >>