写真展   

 昨日、仙台の街に昼間出かける機会があって、出た。その日から「東北電力グリーンプラザ」で年配の知人が参加している写真クラブで写真展があることを聞かされていた。

 折角だからと見に行ってみた。それは「第2回 杜の都フォトクラブ写真展〜季節の風に誘われて〜」というテーマのもとに、会場を東北電力グリーンプラザ・プラザギャラリー SOUTH(南)にして会のメンバーの力作が展示されていた。

 1枚切りの大判で、被写体の場所は、グローバルで、日本、特に東北地方はもとより、イタリア、スペイン、クロアチア、ドイツス、スロベニア、さらにはインドネシアなどでの人々や自然、人工物などが被写体にされていた。

 このクラブは、写真家の「米山光昭」を顧問に2年ほど前に創立されたばかりである。主にデジタル一眼カメラを使って、作品を撮影しているようである。

 知人の作品は、1枚、スペイン・アンダルシアの白い独特の家並みを地中海の燦々と輝く太陽の光に映える光景を切り取っていた。絵はがきにあるようにと言ってはそれまであるが、それを突き抜けたものを感じた。最近、会に参加したとのことである。熱心に取り組んでいる様子が伺えられた。

 男性も女性も参加してそれぞれ力作をものにしている。これからの展示会が楽しみになる。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-06-23 03:43 | よしなし

<< プールのマナー 暑し >>