自家製ジャム   

 ジャムは、フランス語でコンフィチュールというらしい。今は、畑でイチゴが実を付けだしている。

 毎年、この時期、このイチゴの実を使ってジャムを作る。先日も最初の実を使ってジャムを作った。

 今日は、先日に増してイチゴが収穫できた。

 それでイチゴをきれいに洗い、具合の悪い部分は切り落とし、いい部分だけ集めて鍋に入れ、
そこに砂糖を入れて浸潤させて、後は煮込むだけである。今は浸潤をさせているところである。

 ジャムも市販のものを、特にいいものを買おうとすると結構、高価である。それだけのことはあるのだろうと思う。しかし、こんなにコストをかけるのであれば、自家製にしくはない。

 毎年、作って瓶詰めして保存しておくのであるが、肝心のふたが開かなくなって食べられないでいた。それで東急ハンズで瓶のふたを開ける道具をわざわざ買ってきた。数年前のものは、もう食べるにはどうかという状態になっていた。

 自家製のジャムは、作ってすぐ食べるに限るようだ。多少の保存は必要ではあるが。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-06-17 22:33 | 料理

<< 良い天気 月1日のパン屋 >>