夢の続き   

 夢を見ていた。その続きで目が覚めた。過去の断片が頭に浮かんでは消えていった。

 今日は、天気のようだ。いつものお約束。

 ある女性エッセイストの日記のようなエッセイは、朝、トイレに行くことから始まっていた。

 それが新鮮に映った。毎日と言う訳では無かったけれど。

 iPadは、やはりこのiMacやiBookなどの感覚だった。そんなことを再度、寝ぼけ眼で確認していた。

 Wi-Fiか+3Gか、どちらがいいのか。いつでもネットワーク利用ともなれば後者となる。その場合、3000円から4000円の間でコストが毎月かかる。

 iPadを入れる入れ物ないし袋状のものが必要である。Macでは用意していないからサードパーティーに期待してのことであろうが。

 夢の断片は、はるか昔まで立ち戻る。どしようもないことであるけれど。ただ人間の頭は、現在だけではなく、過去と未来ののりしろを持っている、広いというのか長いというのか時間軸の中で考えを深めることができればいい。頭をもっと大きな広さの中で考えることが大事だと思う。

 5:26である。さすがに東京への旅で疲れているようだ。いつもよりも目覚める時間が遅い。

 でも気持ちよい目覚めであった。

 それで、早速、自分の頭の中のイメージを留めるために、それを書留ようとしてiMacのブログに向かったのであった。何も考えがまとまらないままに、むしろ紡ぎ出していくという感じであろうか。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-05-31 05:29 | よしなし

<< 「かつや」 「ナイル」 >>