DSC-TX7   

 東芝製のメモリーカードを使っていた時は、相性が悪いせいか、しょっちゅう、「メモリーカードを入れ直してください」の警告が出た。

 それで、ソニー製のメモリーカードを購入して、それを使うことにした。

 すると、もうそんな警告文は出なくなった。

 やはり、メモリーカードは、製造会社によって微妙に違うものらしい。

 本来、メモリーカードであれば、同じように使えるようにしておくべきなのであるが。

 
 DSC-TX7のバッテリーの電気が減ってきたので、バッテリーチャージャーを入れている袋から

 取り出した。すると間違えてパナソニックのチャージャーを出してしまい、それとも気がつかずに

 バッテリーを差し込んでコンセントに接続した。いつもなら付くはずのランプがつかない。

 どうしたのだろうと、コンセントを代えて付けてみたりした。漸く、チャージャーがルミックス用の

 ものだとわかる。それでソニー製を取り出し、バッテリーを挿入しコンセントに接続、今度は

 ちゃんとランプがともる。この場合も似たようなことが起きたということである。

 次からは、ちゃんと確かめて使うようにしよう。でも微妙に同じだから間違えてしまうかもしれない。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2010-04-30 23:59 | よしなし

<< タイヤ交換 里芋作付け >>