知り合い   

 もうじき今のジム(ルネッサンス南光台)に加入して1年になる。
 そんな間に、何人か挨拶しあう知人ができる。
 何人かである。

 それが人間社会のあり方であろう。

 今日も、そうした人たちと話す機会があった。

 一人は、ジムと食事との関係についてである。スタジオでやるクラスに参加すると遅いモノでは、10時すぎになる。11時が閉館である。こんなに遅い時には、その後、食事はどうしているのかと聞いてみた。「適当に食べている」また「何回かに分けて食べている」そうである。
 ジムとの関連は、ない話だけど、田舎でその人のおばあさんがサメの煮付けをよく作ってくれたそうである。
どこの話なのかそこまでは、まだ知らない。小さな図体のサメだそうである。その人が言うには、「まずい」そうである。サメのひれではなく、本体を食べる話は、初めてである。

 もう一人は、風呂場でであった。その人とは、レプリの筋トレのクラスでよく会うようになって知り合いになった。今日は、何か用事があったらしく、レプリのクラスには間に合わなかったそうである。その代わりに筋トレの自主トレをしたそうである。

 この人は、胸板を筋トレで厚くしたいそうである。そのためにベンチプレスをした。その正しいやり方をトレーナーに聞いたそうである。肩胛骨をどう使うかが鍵だとのこと。私も以前、その種のアドバイスは聞いたことがある。この人は、好き嫌いがあって、胸は鍛えたいけれど、足を鍛えるスクワットは嫌いだそうである。
 ジムの後の自宅でのビールを飲むのがたまらないそうである。500mlを2缶飲んでいるそうである。
私が思うに、こんなことを続けていれば、腹はふくれていくだろう。体脂肪がついて。

 筋トレに励んでいる人でも、一生懸命にやっている割に、体型がいつまでも変わらない人たちがいる。エクササイズの後、アルコールをしこたま入れているのであろう。


 話せる仲間がいると、ジムに行くのも楽しみになる。
[PR]

by yosinasi06 | 2010-01-24 21:34 | ジム

<< 休み 筋トレ >>