広島の街   

 自宅から仙台駅まで早めに出ることにした。家でのんびりしちえいるのもいいけれど、なんだか落ち着かなくて。それで仙台駅で昼食を摂る時間が十分あった。

 仙台名物の牛タン定食にした。昼食としては高めだけれど。1470円である。

 仙台空港行きの快速、スムーズに乗れた。結構、乗客は、一杯であった。

 12時着だからそれから飛行機の離陸まで1時間はある。空の上でお腹が空いたら困ると思って、サンドイッチとお茶を買うことにした。もちろん、身体チェックを受けた後で、ロビーの売店で買ったのであった。

 これは、正解であった。やはり、口に入れるものを用意しておいて良かった。機内では、飲み物のサービスがあった。アイスコーヒー、ウーロン茶、コンソメ、ジュースなど、私はホットコーヒーをもらった。

 機内の席は、窓側を取ってあった。天気が良く、上空からの地上の景色は十分に楽しめた。コースは、陸の上を飛んでいた。

 機内では、朝日、読売、河北と三紙をただひたすら読み続けた。これで十分な飛行時間であった。

 5分くらい遅れたが、順調な非行であった。

 広島空港からは、バスセンター行きに乗った。広島駅行きとコースが二つあるらしい。ちゃんと尋ねて正解であった。私の宿泊するホテルは、センターから歩いてもそれほどのところではなかったからである。

 ホテルに荷物を置いて、早速、広島名物、お好み焼きを食べに出かけた。目指すは、総本家といわれる「みっちゃん」である。ここは、広島に来たときは常に寄る店である。地図を確かめながら、何とかたどり着けた。
蕎麦スペシャルのお好み焼きを注文した。夢中で食べてしまった。お腹いっぱいである。

 ガイドブックを見ると、「つけ冷やしラーメン」も広島名物になっているとか、これも確かめてみたいと思っている。こんばんは、入らないけれど。


 暗くなると、すっかりホテルまでの道がほとんど検討が着かなくなってしまっていた。調べると、逆方向に来ていた。人間の感など当てにならないものである。

 地図でちゃんと確認して、たどり着くことができた。随分、街中を歩き回ったから、だいたいの目安はついたようである。

 広島も、適度な大きさで、私の好きな街の一つである。
[PR]

by yosinasi06 | 2009-09-11 20:34 | よしなし

<< 目覚め 広島へ >>