古代エジプトの塑像   

 昨夜、NHKのBS放送で、古代エジプトの歴史を取りあげていた。
 エジプトだと、その建造物であるピラミッドやオベリスク、神殿などに目がいく。
 今回、少し興味を持ったのは、古代エジプトの王たちの塑像である。
 彼らの胸が大きいのである。何か運動をしていたのであろうか。何かしていなければ、とても
 あの胸幅の広い身体には、ならないだろう。
 アスワンダム建設のために移転を余儀なくあれた、古代エジプトで最も強力であったとされる、
らプネス王の巨大な石像がある。彼の体躯もかなりなものである。壮年期の王の身体が、あれほどに
筋肉質の胸幅の広い身体は、どのようにしてできたのか、少し不思議である。
 支配者として身体を鍛えていたのであろうか。戦いもやっただろうし。
 
 私たちの筋肉も、よく考えてやらないと、バランスを欠いた身体になってしまうようだ。今日、書店で立ち読みした新書で、そのようなことを書いてあった。チェストプレストスクワットばかりやっていると、サルみたいな体躯になってしまうそうである。

 私の通っているジムでも、筋トレに熱心な人がいる。彼は、異常に胸ばかり筋肉が張っている。あまりかっこいいとは思えない。一生懸命やっているだけに、少しかわいそう。


 筋トレも、よく考えてやっていく必要がある。
[PR]

by yosinasi06 | 2009-08-25 23:14 | よしなし

<< 筋トレの回数 天気 >>