イベント   

 ジムは、お盆の三日間、特別プログラムを開催している。
 その第一日目、今日のイベントは、「エキサイティングマーシャル」60分間であった。

 最近、マーシャルもやるようになったので、イベントということもあって参加した。

 インストラクターは、フォロアー・マネージャーでもあるHさんである。ボクシングと空手の動きを
 合わせた内容であった。イベント称するには、何もなく、ただいつもより時間が60分間に延びた
 だけのことであった。決して、そう言うからと言って文句を言っているのではない。ただイベントというから
 もっと何かプラスアルファーみたいなものを期待したのであったが、それがはずれたということである。
 私にとっては、ボクシングと空手と比べると、どうも空手の方が簡単ではない。それを並列してやるから
 つい動きを身体が覚えきらずに時々、間違った動きをしてしまう。集団でやるから間違えるとかっこわるい。

 このクラスには、かなり女性の参加も多い。動きも身体全体を使うので汗も相当にかいた。
 私としては、動きを身体に覚え込ませるために、もう少しきちっと参加していこうと思っている。

 今日は、エアロもレプリの筋トレもその後にプログラムされていたけれど、このイベントへの参加だけに
とどめた。やるのはいいのだけれど、身体がすっかりそれに取られてしまい、このごろ朝起きるのも早く起きられない始末である。

 他の人たちがやっていると、どうしても競争心がわいて、私もということになってしまう。
 やはり、本来すべきことをちゃんとやってから、ジム通いもやらないと本末転倒になってしまう。

 明日のイベントは、「目指せくびれボディ」と「スペシャルメディテーションヨガ40」である。
 魅力的な名前が付けられている。筋トレもやりたいし、Rep Reebok45とヨガを組み合わせたプログラムで
いこうか、それともRep Reebokだけにしておくか。

 
 8月29日(土)には、南光台スペシャルイベントとして、本部の方からルネッサンス・エグゼクティブアドバイザーである岡本正一インストラクターが来て、二つのイベントを予定している。
一つは、「ビヨンドスペシャル60分MAX」で、もう一つは「SHOW-UPエアロ60真夏の宴」だそうである。
一つ参加は750円、二つ参加は1000円だそうである。果たしてどんなものか、パンフレットを見ながら決めかねている。
 試しに覗いてみる価値はあるかもしれない。インストラクターを教える立場にある人が、どのようなパフォーマンスを見せてくれるかどうかである。

 何か、最近は、ジムに生活が振り回されている感じがないでもない。

 あるアメリカ人が、『消費のためのフィットネス』という本を書いているが、アメリカ初のこのビジネスが、
グローバルに展開して、モノに憑かれたように身体を動かしているそんな面も無きにしもあらずである。

 いったん始めると、止めるわけにもいかない、そんな側面も持っている。

 
[PR]

by yosinasi06 | 2009-08-13 18:19 | ジム

<< 冒険者―天球の山河に挑む 1000回の記事 >>