単調な作業   

 今日は、仕事で終日、単調な作業に追われた。椅子に座ってばかりいると、腰に痛みを感じる。

 同じ姿勢は、良くない。それで、30分ほど、外を歩くことにした。市街地の区画の道を、一応周回してくるように、気分にまかせて散歩。起伏が多少あり、いい運動と気分転換になる。

 それからまたチェックという単調な作業が続く。

 夕方近くまでやったけれど、まだ少し残っている。それは、明日の仕事となる。こんなことしか、今は
 できない状態である。とにかく、数をこなさないことには終わらない。

 作業を単調にさせたのは、作業の効率を上げるためではあったけれど、それでも数が多いときつい。

 座ってばかりいると腰に悪いので、立って同じ作業をやることにした。段ボール箱を持ってきて

 その上に作業に必要なものをおいて続けるのである。これは、時には、いいと思った。

 腰が楽である。

 昔、名のある思想家か哲学者が書斎で、立って読み書きができるようにそれようの机を作らせて
使ったということを聞いたことがある。その人の場合には、いい考えも浮かんだらしい。

 私の場合には、椅子にすわりぱなしだと、腰をかがめ続けるのでそれがいけないのである。

 人間は、同じ事を続けることは難しい。それが人間なのである。なんとか自分をだましだまし

 この作業を早く終わらせようと、がんばらざるをえない。

 
 今日のジム:「REBOOK」の筋トレ、50分の短いプログラム。それと30分間のマーシャルである。
 マーシャルは、以前のジムでやっていた以来である。やはりボクシングと空手をミックスしたプログラムになっていた。まあ、何とかできた。


 
[PR]

by yosinasi06 | 2009-08-05 22:57 | よしなし

<< 時間の早さ 定期健診 >>